NEWS

03年3月期単独売上は3倍増の60億円見込む エバーライフ 来期はグループ売上2倍の150億円予想

 健康食品通信販売の株式会社エバーライフ(福岡市中央区天神二丁目、井靖秀社長)は、二〇〇三年三月期単独売上高で前期比三・一六倍増の六十億円を見込んでいる。また、〇三年度のグループ決算ではダイエット食 品通販、株式会社プロックスジャパン(同区大名一丁目、井社長)と〇二年八月設立の化粧品通販、株式会社フェヴリナ(東京都中央区銀座四丁目、井社長)の合計三社で百五十億円の売り上げを見込んでいる。  〇二年… もっと読む »


博多区東那珂の明治乳業工場跡地に福岡店を移転 名古屋市のサンゲツ 物流センターの建設も計画

 インテリア商社大手の株式会社サンゲツ(名古屋市、日比賢昭社長)は、福岡市博多区東那珂一丁目の明治乳業株式会社福岡工場跡地に福岡店の移転および物流センターの建設を計画している。    同社では昨年十一月に県道112号沿いにある同工場跡地を購入しており、同区板付一丁目にある同社福岡店・ショールームの移転新設、さらに物流センターの建設を計画している。建築規模や完成時期などの詳細は未定だが、同社では「年… もっと読む »


東浜2丁目の新物流センターが3月完成 ジェネック  国際貨物に対応

 港湾運送・海運・倉庫業の株式会社ジェネック(旧:北九州運輸株式会社)(北九州門司区港町、荒木敦社長)が、福岡市東区東浜二丁目に新物流センターは三月末に完成する。  新物流センターは、年々増加する博多港の国際貨物に対応する目的で建設しているもの。建物は四階建てで延べ床面積一万七千五百七十六平方メートル。一階は事務所と倉庫、二、三階はそれぞれ四千二百平方メートルの倉庫、四階は八百二十五平方メートルの… もっと読む »


赤坂3丁目に水の量り売りショップをオープン テクニカル電子 多店化、FC化も構想

 駐車場管理機器メーカーのテクニカル電子株式会社(福岡市南区那の川一丁目、本房周作社長)は一月十八日、同市中央区赤坂三丁目に水の量り売りショップをオープンした。  これは、同社が東レ株式会社の高分子機能膜技術を応用して開発した「RO(逆浸透膜)水の量り売り自動販売機」を設置して、生活飲料水を一般的な有価飲料水よりも安価で提供するもの。場所は通称「けやき通り」沿い、赤坂二丁目バス停近く。店舗名は「テ… もっと読む »


関東地区でのFC募集強化を目指し合弁会社を設立 ドゥイットナウ 年間10店舗の募集を目指す

 宅配すし店などを展開する株式会社ドゥイットナウ(福岡市城南区神松寺二丁目、蔀章社長)は十二月、関東での宅配すし店のFC出店の強化を目指しエリアフランチャイザーとして合弁会社を設立した。  同社では昨年から東京都内で宅配すしチェーン「ふく鮨本舗の三太郎」のFC展開を開始、現在四店舗を展開しているが、東京都を中心とした関東エリアでのさらなる出店強化を図るもの。提携先は明らかにしていないが、同店のフラ… もっと読む »


長崎市、鳥栖市にパチンコ店をオープン 福友産業 売上高は190億円見込む

 遊技場経営の福友産業株式会社(福岡市西区徳永、平本二朗社長)はこのほど長崎市、鳥栖市にパチンコ店を出店した。  多店舗展開の一環で、出店したのは「フェスタ・東長崎店」(長崎市 網場町、十二月二十七日開業)と「フェスタ・鳥栖店」(鳥栖市轟木町、同二十九日開業)の二店。「東長崎店」は敷地面積約一万九千四百七十七平方メートル、延べ床面積約二千九百六十六平方メートルの二階建て、遊技機設置台数は七百三十三… もっと読む »


来期20店舗の新規出店を計画 ウエスト うどん屋100店舗も視野に

 うどん・焼肉など飲食店を多店舗展開する株式会社ウエスト(福岡市博多区三筑一丁目、中野泰宏社長)は来期、うどん屋二十店舗の新規出店を計画している。  このうち福岡県内には四、五店舗、関東地区にも二、三店舗出店する予定。同社は現在、うどん屋を六十五店舗展開しており、百店舗を当面の目標に置いているが、来期の出店でめどが付くことから、「次の目標は三百店舗」(中野社長)に設定するという。同社のうどん屋は標… もっと読む »


4月に福岡と東京でヘルパー養成機関を開設 創生事業団 東京での施設展開に先がけ

 介護専用老人ホームやデイサービスなどを運営する株式会社創生事業団(福岡市東区奈多一丁目、伊東鐘賛・いとうしょうせつ・社長)は、今年四月、介護教育機関を福岡市と東京都の二カ所でオープンする。  同社は、サービス充実をうたった民間有料老人ホーム「グッドタイムホーム」を福岡市と近郊に展開、東京への進出も視野に入れ、スタッフ増強を兼ねた教育機関を設立する。福岡、東京いずれも、ヘルパー二級資格取得と現場実… もっと読む »


02年福岡市政10大ニュース 福岡市 インフラ整備、ロボカップなど

 福岡市が同市の主なできごと(十大ニュース)を選定した。イベントはロボカップ二〇〇二のみだったが、DNA二〇〇二計画や健康日本二十一福岡市計画、福岡市情報公開条例の策定や施行など、今後の市政の 指針となる事業が目立った。〇二年の主な出来事は次の通り。  DNA二〇〇二計画/地下鉄営業時間(最終電車)を延長する(三月)など、DNA運動の取り組みが展開される。福岡市経営管理委員会から、これまでの達成状… もっと読む »


キズナジャパンと提携しASPサービスを開始 アソウ・アカウンテイングサービス 1月から

キズナジャパンと提携しASPサービスを開始 アソウ・アカウンテイングサービス 1月から  総務、経理、人事業務のアウトソーシングを展開する株式会社アソウ・アカウンティングサービス(福岡市中央区天神二丁目、中島彰彦社長)は、二〇〇三年一月からASPシステムを利用した勤怠管理・給与計算サー ビスを始めた。  これは総務、経理、人事を中心とする専門業務の活性化および支援強化を目的に、〇二年十一月一日付で… もっと読む »