NEWS

新東館に婚礼会場オープン 唐津シーサイドホテル

最上階にガラス張りチャペル 化粧品、健康食品最大手の㈱ディーエイチシー(東京都港区、吉田嘉明CEO、以下DHC)が運営する唐津シーサイドホテル(佐賀県唐津市)は2月1日、式場をオープンした。 昨年12月1日に新築オープンした新東館8階で、海に臨む全面ガラス張りの60人収容の「光の天空チャペル」(100㎡)と50人収容のバンケット「飛天」(120㎡)、さらに新郎新婦が宿泊できる「オーシャンスイートル… もっと読む »


耐震性を備えたモデルハウスを初オープン 一般社団法人住宅流通促進協議会

太宰府市五条に 一般社団法人住宅流通促進協議会(大野城市筒井4丁目、工藤英寿会長)は12月25日、太宰府市五条6丁目の既存一戸建をフルリノベーションした初のモデルハウスをオープンした。 国交省採択モデル事業の一環で経年劣化した再建築不可物件の主要構造部などの改修を手掛けるための専門家の耐震診断を実施し、耐震性を備えた「ホームアゲイン工法」認定住宅の推進の取り組みによるもの。場所は日本経済大学野球場… もっと読む »


百億円以上は89社、トップはヤマエ久野 地域情報センター調べ

地場卸売業売上高ランク ふくおか経済・㈱地域情報センターは、地場卸売業者の売上高を調べ、売上高100億円以上の企業は89社で前年に比べ3社増えた。 昨年12月に発行した「2020年版福岡の会社情報」で、地場3536社のデータから抽出したもの。トップはヤマエ久野㈱(福岡市博多区博多駅東2丁目)で、売上高は3903億9869万円。2位は㈱アステム(福岡市博多区東比恵3丁目)の3682億8862万円で、… もっと読む »


埼玉県白岡市に介護付き有料老人ホーム さわやか倶楽部

同県内6カ所目 東証1部上場の㈱ウチヤマホールディングスの子会社で介護事業の㈱さわやか倶楽部(北九州市小倉北区熊本2丁目、内山文治社長)は2月1日、埼玉県白岡市小久喜に介護付き有料老人ホーム「さわやかしらおか館」を開設した。 介護事業を中心にグループの全国展開を進める一環。埼玉県6カ所目で、全国104カ所182事業所になった。場所は白岡中央総合病院東側のJR東北線沿いで、敷地面積1149㎡。3階建… もっと読む »


 福岡市中央区天神2丁目に九州・沖縄営業所開設 東京のバカン

福岡での採用も強化 飲食店やトイレなどの空席情報配信サービスを展開する㈱バカン(東京都新宿区、河野剛進社長)は1月29日、福岡市中央区天神2丁目に九州・沖縄営業所を開設した。 国内での事業拡大とサービス強化のため、本社、関西営業所、北日本営業所に続く国内4拠点目として開設。場所は福岡PARCO新館5階の「ザ・カンパニー」内で、コワーキングスペース部分を使用する。スタッフは1人。九州・沖縄一円で商業… もっと読む »


自社通販サイトの運営を開始 ナオブランド

1月から 飲食事業などの㈱ナオブランド(北九州小倉北区、中川直寿社長)は1月1日から、自社通販サイトの運営を開始した。 同社は、こんぺいとう専門店「こんぺいとうカフェ」を全国38店舗、和洋菓子店「恋寿華堂」を神戸に1店舗と2月中旬に北九州市と大分市に新規オープンする2店舗の計3店舗展開。百貨店や商業施設での期間限定催事にも積極的に出店しており、その際に通常時の購入場所に関する問い合わせが多かったこ… もっと読む »


ギフト大会で最高賞獲得した商品の新色販売 鴛海織物工場

1月中旬から 博多織と関連商品を製造、販売する㈱鴛海(おしうみ)織物工場(福岡市博多区下川端町3丁目、鴛海伸夫社長)は1月中旬から、博多織をデザインした肩掛けカバンの新色を販売している。 同商品は「博多織ギフトコンテスト」で最高賞の「九州経済産業局長賞」を受賞した肩掛け鞄の新色。少量の荷物を入れる「サコッシュ」と呼ばれるもので、今回新たに青、白、茶の3色を追加した。 鴛海社長は「ファッションのなか… もっと読む »


観光列車・ことこと列車の運行コースを変更 平成筑豊鉄道

4月―6月までの3カ月間 第3セクター・平成筑豊鉄道㈱(福智町金田、河合賢一社長)は4月から6月までの3カ月間、観光列車・ことこと列車のコースを変更して運行する。 ことこと列車は、昨年3月21日から土日、祝日限定で運行を始めた観光列車。これまでは直方を始発、終点を行橋としてきたが、このほどリニューアルした田川伊田駅を始発着点に変更、沿線内の回遊性を高めることが狙い。併せて料金も1万3800円から1… もっと読む »


新社長に松井秀二常務取締役が就任 ラック

柴山文夫社長逝去に伴い 冠婚葬祭の㈱ラック(福岡市博多区東比恵3丁目)の新社長に、1月4日付で松井秀二常務取締役が就任した。 柴山文夫社長逝去に伴うもの。松井秀二(まつい・しゅうじ)社長は福岡市博多区出身。1956年11月10日生まれの63歳。日本経済大学経済学部経営学科卒業後、79年4月㈱西日本互助センター(現・㈱ラック)営業部入社。97年1月冠婚事業部RITZ5課長、99年4月同支配人、200… もっと読む »


国内線バスラウンジと9・10番ゲート供用開始 福岡国際空港

国内線ビル再整備工事完了 福岡空港を運営する福岡国際空港㈱(福岡市博多区下臼井、永竿哲哉社長)は1月30日、国内線ターミナルビルのバスラウンジと9番と10番の搭乗ゲートの供用を開始した。 これで2015年6月から総事業費約400億円をかけて進めてきた誘導路増設に伴う国内線ターミナルビル再整備工事は完了した。バスラウンジは同ターミナルビルのほぼ中央に位置するバスラウンジ棟1階にオープン。面積は550… もっと読む »