NEWS

製造品出荷額は0・9%増の5772億円 19年福岡市工業統計調査

事業所数は691事業所 2019年の福岡市内の製造品出荷額は、前年比0・9%増の5772億6500万円だった。 福岡市統計調査課がまとめたもので、19年6月1日現在の事業所数は同2・1%減の691事業所で減少傾向が続いている。従業員数は同2・6%減の1万8554人で減少傾向が続いている。付加価値額は同3・1%減の1299億8130万円だった。また、出荷額で最も割合が高いのは食料品製造業で、出荷額は… もっと読む »


製造業向けのAI活用プロジェクト設計サービス スカイディスク

製造業のDXを推進 AIやIoTサービスを展開する㈱スカイディスク(福岡市中央区舞鶴2丁目、内村安里社長)は10月28日、製造業向けDX(デジタルトランスフォーメーション)推進のAI活用プロジェクト設計サービスを開始した。 製造業におけるDX支援のため、AIを活用したプロジェクトについて、PoC(実証実験)に向けた要件を整理し、PoCでの検証項目を明確にして妥当性を見極めるもの。業務課題を整理して… もっと読む »


勤怠管理のラクローと連携 ヌーラボ

テレワークでの労働時間管理に Webサービス開発・運用の㈱ヌーラボ(福岡市中央区大名1丁目、橋本正徳社長)は10月22日、提供するプロジェクト管理ツール「Backlog」と㈱ラクロー(東京都世田谷区、岩崎奈緒己社長)の提供する勤怠管理サービス「ラクロー」との連携を開始した。 「Backlog」はプロジェクトの課題・進捗管理や情報共有ができるもので、約170万人が利用している。また、「ラクロー」は打… もっと読む »


城南区茶山5丁目に宅地5区画を分譲 ラプロス

建売1区、建築条件付き4区画で販売予定 分譲戸建て、マンションの企画コンサルティングや販売などの㈱ラプロス(福岡市中央区天神1丁目、樋口繁樹社長)は11月下旬から、同市城南区茶山5丁目に宅地5区画を分譲する。 福岡市内や、その近郊で戸建てブランド「プロスぺリテ」シリーズを年間40戸の計画で開発しているもの。場所は城南公園東側の住宅地一画。「(仮称)プロスぺリテ茶山5丁目」は建売1区、建築条件付き4… もっと読む »


21年度新規就農者研修生を計5人程度募集 JA筑前あさくら

イチゴ、先進農家9品目 JA筑前あさくら(朝倉市甘木、深町琴一代表理事組合長)は10月27日、2021年度新規就農者研修生を募集することを明らかにした。 JA筑前あさくら管内(朝倉市および筑前町、東峰村)を対象に、農業経営者を募集するもの。研修期間は来年6月から1年間で、募集人員はイチゴ研修生2人、先進農家研修生1~3人。朝倉市三奈木にある新規就農センター「JA研修ハウス」を活用し、イチゴ栽培技術… もっと読む »


見守りサービスがグッドデザイン賞を受賞 otta

親子間のコミュニケーション機能が評価 位置情報サービスの企画、開発業の㈱otta(福岡市中央区天神3丁目、山本文和社長)は10月、自社開発の見守りサービス「otta・g(オッタジー)」が公益財団法人日本デザイン振興会(東京都港区、川上元美会長)の「2020年度グッドデザイン賞」を受賞した。 製品や建築、ソフトウエア、サービスなどで優れたデザイン力や創造性を評価する制度で、受賞の証として「Gマーク」… もっと読む »


中央区舞鶴3丁目に7階建てテナントビル リアン

21年6月完成予定 投資用不動産開発・管理業の㈱リアン(福岡市博多区祇園町、黒石征幸社長)は、同市中央区舞鶴3丁目に7階建てテナントビルを建設している。完成予定は来年6月。 場所は福岡法務局の西側で、名称は「リアン舞鶴BLD(仮称)」。敷地面積は197㎡。建物は鉄骨造7階建て、延べ床面積は927㎡。1階は駐車場(4台収容可能)と防災備蓄倉庫で、2~7階がテナントフロア。同フロアの専有面積は102㎡… もっと読む »


顧客満足度ランキングで1位獲得 駅前不動産

「賃貸情報店舗 九州・沖縄1人暮らし部門」 ㈱駅前不動産(久留米市東櫛原町、嶋田聖社長)は10月、顧客満足度ランキングで1位を獲得した。 ㈱oricon ME(東京都港区)が2020年10月に発表した「2020年オリコン顧客満足度ランキング」の「賃貸情報店舗 九州・沖縄1人暮らし部門」において1位を獲得した。同ランキングは、実際に利用者が評価した顧客満足度調査。過去5年以内に不動産屋を利用して住居… もっと読む »


西鉄、大和ハウスが那珂6丁目に14階建て共同住宅 福岡市標識設置報告書

延べ床面積は1万4680㎡ ふくおか経済・㈱地域情報センターがまとめた11月2日公表分の福岡市標識設置報告書によると、今回建設予定が報告された建築物は16件だった。(建築主が個人のものは除く、標識設置日2020年9月24日~10月13日)。 最も延べ床面積が広いのは、西日本鉄道㈱(福岡市博多区博多駅前3丁目、倉富純男代表取締役)と大和ハウス工業㈱(大阪市北区梅田3丁目、山崎考平常務執行役員本店長)… もっと読む »


中小企業・SDGsビジネス支援事業の採択案件決定 JICA九州

北九州市のジオクラフトが採択 独立行政法人国際協力機構九州センター(北九州市八幡東区平野2丁目、以下JICA九州、植村吏香所長)は2020年度第一回「JIA中小企業・SDGsビジネス支援事業」の採択案件を発表した。 今回採択されたのは水道施設デジタル化管理などの㈱ジオクラフト(北九州市、石原均社長)。カンボジアにおいて施設台帳システム導入による持続可能な水道事業の普及・実証・ビジネス化事業に取り組… もっと読む »