NEWS

福岡市中央区にサテライトオフィス 京都市の第一精工

顧客との交流の場として 電子部品や自動車部品などを開発・製造する第一精工㈱(京都市、小西英樹社長)は2月1日、福岡市中央区大名1丁目に「福岡サテライトオフィス」を開設した。 さらなる顧客との交流を図る場として開設したもので、サテライトオフィスとしては初の拠点。場所は通称東小姓町通り沿いのシェアオフィス「WeWork大名」内。昨年12月からWeWork大名の1階と2階の共有スペースを利用していたが、… もっと読む »


4社共同で横浜市と介護分野のICT研究協定 ウェルモ

2月に横浜オフィス開設 介護事業者向けシステム開発の㈱ウェルモ(福岡市博多区博多駅東1丁目、鹿野佑介社長)は3月20日、横浜市と4社共同でICTで介護分野解決を目指す協定を締結した。 ウェルモ側が同市に提案し実現したもので、提携したのはウェルモのほかに自立支援や介護予防などを手がける㈱ジェイアーク(横浜市瀬谷区二ツ橋町、青木英憲社長)、東証一部上場で在宅介護や有料老人ホーム運営など介護事業を展開す… もっと読む »


世界最小クラスの高機能インバータ販売 安川電機

4月1日から、故障予兆診断も ㈱安川電機(北九州市八幡西区黒崎城石、小笠原浩社長)は4月1日から汎用小型の高機能インバータを新シリーズを販売する。 商品名は「GA500」で、同社調べでは世界最小クラスのインバータ。最小限の電流で運転できるほか、機械・設備の状態や情報の可視化をし、故障予兆診断も可能。コンプレッサや真空ポンプ、コンベヤなどでの利用が見込まれる。価格はオープン価格。 2019年4月2日… もっと読む »


社長に隅田取締役が就任 博多電力

竹元社長は代表取締役会長に 電力小売事業の博多電力㈱(福岡市博多区博多駅南1丁目、竹元一真社長)の社長に2月22日付で隅田達郎取締役が昇格した。竹元一真社長は代表取締役会長に就任した。 同社は親会社の熊本電力㈱の取次販売会社として昨年5月に設立し、飲食店や小規模事業所、中小企業など向けに低圧電力の販売を開始。現在では契約が約800件、契約電力が4000KWになり、累計取扱高が1・8億円を超えている… もっと読む »


18年平均賃金は2%増の32万8817円 福岡県の賃金事情

県労働政策課まとめ 県労働政策課がまとめた福岡県の賃金事情によると、2018年7月1か月間の県内常用労働者の平均賃金は前年同月比2%増(6507円増)の32万8817円となった。 毎年7月の1カ月間の平均賃金を調べたもので、賃金のうち家族手当、通勤手当などの諸手当を含む基準内賃金は、同0・6%増の28万2338円。時間外勤務などの基準外賃金は、同10・9%増の4万6479円。勤続年数は11・8年で… もっと読む »


監査等委員会設置会社へ移行 福岡中央銀行

執行役員制度も導入へ ㈱福岡中央銀行(福岡市中央区大名2丁目、古村至朗頭取)は3月22日、今年6月開催の定時株主総会での承認を前提として監査等委員会設置会社への移行とともに執行役員制度の導入を決めた。 社外取締役が過半数を占める「監査委員会」を設置し、監査等委員である取締役に取締役会での議決権を付与することで監査・監督機能を強化するもの。さらに取締役会の業務執行決定権限を取締役に委任することにより… もっと読む »


福岡市中央区白金2丁目に撮影スタジオ フュージョングラフィック

広告写真に特化 ホームページデザインなどのフュージョングラフィック(福岡市南区多賀1丁目、宮本和義代表)は4月1日、同市中央区白金2丁目に広告写真撮影に特化した「白金スタジオ」を開設した。 これまで自宅兼事務所だったが手狭になりアクセスが良い西鉄薬院駅と平尾駅からほど近い同エリアに開設した。場所は福岡県知事公舎東側の3階建てオフィスビル「FKM白金Ⅱ」2階。フロア面積は45㎡。ストロボ6台とスクリ… もっと読む »


福岡市中央区天神の店舗メニューを一新 益正グループ

年商6000万円目指す 居酒屋チェーンの㈱益正グループ(福岡市中央区赤坂1丁目、草野益次社長)は2月12日、同区天神2丁目のイタリアン「セブンミートソース」の全フードメニューをリニューアルした。 2012年からイタリアン肉バル店として運営してきたが、ローストビーフやアヒージョなど全フードメニューを廃止し、溶かしたチーズに手羽から揚げを付けて食べる「UFOフォンデュ」(2~4人前で2580円)をはじ… もっと読む »


九州の農業高校対象に川柳コンテスト オーレック

9月3日「草」の日に発表 乗用草刈機、自走式草刈機大手の㈱オーレック(八女郡広川町、今村健二社長)は九州の農業高校生を対象にした川柳コンテストを開催する。 次世代の農業を担う生徒たちの活動を支援し、「農」がもつ魅力を発信しようと、昨年創業70周年を迎えたのを機に初めて開催した。第1回目の昨年は九州各県の農業系高校31校の生徒から5022句の応募があり、好評だったことから、恒例行事としての定着を目指… もっと読む »


開学10周年記念誌を発行 福岡女学院看護大学

3月1日 福岡女学院看護大学(古賀市千鳥1丁目、片野光男学長)は3月1日、開学10周年記念誌を発行した。 内容は、昨秋催した10周年記念式典などの模様や、十時忠秀理事長、寺園喜基院長、片野学長、福井幸子学部長の序文、大学に隣接する福岡東医療センターの上野道雄名誉院長、江崎卓弘院長などの祝辞、開学の経緯、教育の理念・目標・方針、学内の各種解説など。記念誌の体裁はA4判100ページ建て。発行は1000… もっと読む »