NEWS

百億円以上は13社、トップは積和不動産九州 地域情報センター調べ

不動産・物品賃貸業売上ランク ふくおか経済・㈱地域情報センターは、地場不動産・物品賃貸業者の売上高を調べ、100億円以上の企業は13社で前年に比べ2社減った。 昨年12月に発行した「2020年版福岡の会社情報」で、地場約4000社のデータから抽出したもの。トップは積和不動産九州㈱(福岡市博多区博多駅前3丁目)で、売上高は331億5230万円だった。2位は福岡地所㈱(福岡市博多区住吉1丁目)の292… もっと読む »


ワーコンと販売業務提携 大栄電通

訪問介護事業所など向けに 情報通信事業の大栄電通㈱(久留米市長門石2丁目、大森康一郎社長)は2月10日、高齢者の見守りサービスを展開する㈱ワーコン(福岡市博多区博多駅東1丁目、青木比登美社長)と販売業務提携をした。 大栄電通は50床程度までの介護施設のほか、病院や老人ホームの取引先が多く、ワーコンが提供するサービスとの親和性が高いため提携に至った。今後は訪問介護事業所や訪問診療を手掛けるクリニック… もっと読む »


調理まで一貫して熟成肉を提供 コム・シェ・ヴ

保管期間2カ月 飲食店運営の㈱コム・シェ・ヴ(中央区平尾3丁目、原田協典社長)は3月15日から同所の肉料理レストラン「ビストロ・ロベール・エ・ルイーズ」で塊肉の販売と保管・調理を一連としたサービスを開始する。 熟成肉は専用の熟成庫や管理行程など個人で作ることが難しく、新鮮な肉から熟成が進んでいく過程を楽しんでもらうために開始するもの。サービス名は「サブスク熟成肉~俺の肉持ってきて~」。同店は塊肉を… もっと読む »


23億円をかけ熊本工場内に新自動倉庫 コカ・コーラ ボトラーズジャパン

九州での製品保管・供給の中核に コカ・コーラ ボトラーズジャパン㈱(東京都港区、カリン・ドラガン社長)が、約23億円をかけて熊本市南区の熊本工場内に建設していた最新技術導入の新倉庫がこのほど完成し、2月28日から本格稼働した。 2016年5月から物流体制の最適化を目指して進めている「 プロジェクト」の一環で、九州エリアの製品保管・供給の中核となる大型物流倉庫。敷地面積は1万3824㎡。熊本地震で被… もっと読む »


北九州市八幡西区に就労継続支援B型事業所 ファーストライフ

年内に完成予定 北九州を中心に介護施設を運営するファーストライフ㈱(北九州市小倉北区紺屋町、山口直彦社長)は同市八幡西区南王子に就労継続支援B型事業所を開設する。完成は年内を予定。 就労継続支援B型は企業で働くことが困難な障がい者に軽作業など就労訓練の場を提供するもの。A型とB型の2種類があり、B型は雇用契約を結ばず、利用者には作業の成果に応じて報酬を与える。事業所は同社が運営する「介護付有料老人… もっと読む »


温泉施設譲渡先にワイエスフード㈱を選定 福智町

ほうじょう温泉ふじ湯の里民営化へ 福智町(黒土孝司町長)は2月18日、同町弁城(べんじょう)上の原にある町営コミュニティーセンター(温泉施設)「ほうじょう温泉ふじ湯の里」完全民営化に伴う公開プロポーザル(事業提案)審査を行い、正式申請のあったワイエスフード㈱(田川郡香春町、緒方正憲社長)を選定したことを明らかにした。 同施設は2004年11月、町民および都市住民を対象に健康増進および憩いの場の提供… もっと読む »


大手ファッション通販サイトに出店 アサヒシューズ

健康靴50アイテム 靴メーカーのアサヒシューズ㈱(久留米市、佐藤栄一郎社長)は3月4日、大手ファッション通販サイトに出店した。 創業以来120年以上にわたり履物をつくり続け百貨店やシューズ店に卸してきた同社は、近年直営店展開を強化。その一環で実店舗と同様「アサヒシューズ」の屋号で、通販サイト「ZOZOTOWN」に出店。商品は、膝のトラブルを予防する健康靴「アサヒメディカルウォーク」や「快歩主義」、… もっと読む »


マレーシア・クアラルンプールに現地法人 エムスタイルジャパン

原料調達、システム開発拠点に 美容食品メーカーのエムスタイルジャパン㈱(福岡市中央区大名1丁目、稲冨幹也社長)は1月7日、マレーシア・クアラルンプールに輸出入管理とシステム開発を業務とする現地法人を設立した。 美容食品の原料となるツバメの巣を調達する同国に拠点を構えることで、シンガポールや香港、台湾を中心とした東南アジアに進出する。またマレーシアのシステムエンジニアなどの技術者を現地採用し、通販サ… もっと読む »


中央区大名1丁目の4階建てビルを取得 村上ホールディングス

関連会社で管理 商業ビル開発などの村上ホールディングス㈱(福岡市中央区大名1丁目、村上篤史社長)は2月26日、同町内の4階建て飲食ビル1棟を取得した。大名エリアで所有するビルは7棟目。 場所は通称大名中央通り沿いの「DRAMAビル」。敷地面積は195㎡、建物は鉄骨造陸屋根4階建てで、延べ床面積は606㎡。1~4階の全フロアがテナントで、現在入居中の飲食店などは継続して入居し、ビルの管理は関連会社の… もっと読む »


 デジタルポスターコンテストで入賞 KCS福岡情報専門学校

団体賞も受賞 KCS福岡情報専門学校(福岡市中央区春吉1丁目、豊島俊郎校長)は1月24日、大阪府が主催する「2019おおさか環境デジタルポスターコンテスト」で同校生徒の作品が入賞した。 同コンテストは環境に対する意識の啓発を目的に毎年実施され、今年は「プラスチックごみ問題のために私たちができること」をテーマに、昨年7月1日から9月30日までの募集期間で149作品の応募から同校生徒の作品が4点入選し… もっと読む »