NEWS

福津市の津屋崎店を改装オープン ゆめマート北九州

週刊経済2022年1月18日発行 投資額は8千万円 商業施設「ゆめタウン」などを展開する㈱イズミ(広島市東区、山西泰明社長)傘下で、スーパーマーケット経営の㈱ゆめマート北九州(北九州市八幡西区中須1丁目、井上宏春社長)は12月10日、福津市津屋崎7丁目のゆめマート津屋崎店を改装オープンした。投資額は8千万円。 場所は国道495号沿い、福津市立津屋崎小学校北東側。店舗の老朽化に伴い、内装や冷蔵設備を… もっと読む »


スマホ向けポータルアプリの機能拡充 北九州銀行

週刊経済2022年1月18日発行 定期預金取引、ネット投信申し込みを追加 ㈱山口フィナンシャルグループ傘下行の㈱北九州銀行(北九州市小倉北区堺町1丁目、嘉藤晃玉頭取)は1月6日、スマートフォン向けポータルアプリの機能を拡充した。 デジタル活用による顧客の利便性向上を図るもので、定期預金と積みたて定期預金口座開設者向けの預け入れ、引き出し取引と、12月10日にはインターネット投信申し込みの機能を追加… もっと読む »


水中ロボットコンテストで準優勝 九州職業能力開発大学校

週刊経済2022年1月18日発行 6校出場 ものづくり産業に特化した教育プログラムを実施する九州職業能力開発大学校(北九州市小倉南区志井、近藤孝広校長)は、12月10、11日に開催された水中ロボットコンテストに出場し、準優勝を獲得した。 出場したのは「Techno–Ocean 2021 水中ロボット競技会」。同大学校が出場したのはAUV(自律型無人潜水機)部門。決勝には同校含め6校が出場。水中ロボ… もっと読む »


マリノアに食品量り売り専門店 早良区在住の本田悟さん

週刊経済2022年1月18日発行 月間売上目標は150万円 福岡市早良区在住の本田悟さんは12月10日、商業施設・マリノアシティ福岡(同市西区小戸2丁目)マリナサイド北棟2階にオーガニック食品の量り売り店をオープンした。 店名は「量り売り専門店HAKACCIAO(ハカッチャオ)!!マリノア店」。昨年4月にオープンした唐人町本店(同市唐人町1丁目)に次ぎ2店舗目。店舗面積は33㎡。オーガニックのナッ… もっと読む »


子ども食堂への寄付活動を開始 フォスター

週刊経済2022年1月18日発行 SDGsの達成に貢献 IT・デザインやファイナンス事業などのフォスター㈱(福岡市博多区博多駅東1丁目、青木日吉社長)は12月14日、子ども食堂への寄付活動を開始した。 SDGsの達成に貢献する狙い。子ども食堂は両親が共働きなどにより孤食をせざるを得ない子どもや、経済的理由により満足な食事を得られていない貧困世帯の子どもたちに対し、食事の場を提供する活動。福岡市博多… もっと読む »


指名報酬委員会を設置 テノ.ホールディングス

週刊経済2022年1月18日発行 コーポレートガバナンス体制の充実図る 東証一部上場の㈱テノ.ホールディングス(福岡市博多区上呉服町、池内比呂子社長)は12月20日付で、取締役会の任意の諮問機関として指名報酬委員会を設置した。 取締役の指名、報酬などに関する手続きの公正性、透明性、客観性を強化し、コーポレートガバナンス体制をより一層充実させる狙い。委員会は取締役会の決議で選定した3人以上で構成し、… もっと読む »


博多マルイで遺言書作成のキャンペーン 菰田総合法律事務所

週刊経済2022年1月18日発行 月々1100円から 弁護士法人菰田総合法律事務所(福岡市博多区博多駅前2丁目、菰田泰隆代表)は、博多マルイ5階(同区博多駅中央街)にある「相続ラウンジ」で遺言書作成費用の分割支払いキャンペーンを実施している。2月28日まで。 オープン2周年を機に利用者促進を図る。対象商品は遺言書作成促進プラン6万6千円(税込)の通常一括での支払いを月々1100円で対応する。支払期… もっと読む »


佐賀市古湯温泉施設の和室をリニューアル C&G Value Design

週刊経済2022年1月18日発行 2月14日分から販売 ホテル・飲食店運営の㈱C&G Value Design(福岡市中央区輝国1丁目、副島和昌社長)は1月6日、古湯温泉ONCRI/おんくり(佐賀市富士町古湯)の和室4室のリニューアルを発表した。 新客室のコンセプトは、「ノスタルジックジャパン」で、日本家屋における「洋風の間取り」の始まりの空間デザイン。畳には熊本八代産の天然い草の目積表を使用し、… もっと読む »


ISO27001を認証取得 ミシマ・オーエー・システム

週刊経済2022年1月18日発行 専門事務局を昨年開設 ソフトウェア開発などのミシマ・オーエー・システム㈱(北九州市八幡東区枝光2丁目、溝田力三社長)は、情報セキュリティマネジメント(ISMS)の国際規格「ISO27001」を認証取得した。 秘密保持契約の管理などセキュリティの社内意識向上と対外的な信用力強化を図るのが目的。認証範囲は本社全体で、丸山拓哉氏を管理責任者にISMS事務局を昨年4月に設… もっと読む »


玄海興行のSDGs私募債を受託 福岡中央銀行

週刊経済2022年1月18日発行 収益の一部をSDGsに貢献する団体等へ寄付 ㈱福岡中央銀行(福岡市中央区大名2丁目、古村至朗頭取)は12月30日、総合ビルメンテナンス業の㈱玄海興行(福岡市早良区南庄2丁目、奥村伸弘社長)が発行する「福中銀(よか未来の応援債)」を受託した。 発行額は5千万円。期間は5年間。「よか未来の応援債」は、受託する福岡中央銀行が私募債発行に伴う収益の一部をSDGsに関する団… もっと読む »