NEWS

福岡―務安線、済州島線を新規就航  韓国のチェジュ航空

7月1日、2日から 韓国の格安航空会社(LCC)・チェジュ航空(イ・ソクジュ社長)は7月、福岡―務安(ムアン)線と福岡―済州島線を新規就航する。 福岡―済州島線は4年ぶり、福岡―務安線は初の就航となる。福岡―務安線は週4便、福岡―済州島線は週3便。機材はボーイング737―800型機で189人収容。 福岡―務安線は7月1日就航で、所要時間は1時間25分。福岡から月・水・金・日曜日の午後0時45分に出… もっと読む »


さんま1000匹を振舞うイベントを初開催 ザ・ルイガンズ.スパ&リゾート

入場は無料 リゾートホテルのTHE LUIGANS Spa&Resort(ザ・ルイガンズ.スパ&リゾート/福岡市東区西戸崎、水口丈史総支配人)は10月13日、同ホテル内で「秋のさんま祭り」を初開催する。 当日はさんま1000匹用意し、うち約500匹を焼さんまにして先着順に無料提供する。ヨーヨー釣りや射的などの縁日や、飲料や同ホテルオリジナル料理を提供する屋台などの出店も計画しており、焼さんま約50… もっと読む »


M&A専門家の養成講座を開講 福岡県事業引継ぎ支援センター

専門家不足に対応 福岡県事業引継ぎ支援センター(福岡市博多区博多駅前2丁目、奥山慎次統括責任者)は9月21日、22日の2日間、TKP博多駅前シティセンターでM&A専門家養成講座を開講する。 後継者問題によるM&A相談案件が増加する中で、課題である専門家不足に対応するもの。センターではこれまでに累計94件の事業引継ぎを完了。今後の案件増加に対応するために多くの専門家養成を図っていく。対象者は県内で活… もっと読む »


福岡市西区千里にモデルハウス 健康住宅

初の単独展示場 戸建て住宅メーカーの㈱健康住宅(福岡市城南区別府5丁目、畑中直社長)は4月27日、同市西区千里にモデルハウスをオープンした。初めての単独展示場で、モデルハウスの開設は県内5カ所目。 場所は国道202号沿い、「コメリパワー周船寺店」向かい。名称は「伊都住宅公園」。敷地面積は約2000㎡。モデルハウス2棟の延べ床面積は合計約420㎡。それぞれ「和モダン」(平屋建て)と「洋風」(2階建て… もっと読む »


高付加価値商品販売が好調 丸東産業

6期連続増収増益 包装資材製造の丸東産業㈱(小郡市干潟、尾崎太郎社長)の19年2月期連結決算は、売上高が前年比0・9%増の164億9600万円、経常利益が同2・7%増の9億5500万円で、6期連続の増収増益だった。 袋を開封した時に段差ができて開けやすい「掴めるくん」や袋内の湿気を取る「湿気くん」などの高付加価値商品を、展示会などで販促強化したことで増収となった。利益面では、原材料が高騰したものの… もっと読む »


全身の動きをキャラクターに反映するアプリ ネクストシステム

スマホカメラで利用可能に ソフトウェア開発の㈱ネクストシステム(福岡市南区井尻3丁目、藤田義生社長)は5月13日、スマートフォンのカメラでリアルタイムに全身の動きをキャラクターに反映するアプリをリリースした。 市販のWebカメラを用いて撮影された人の映像から体の関節と顔のパーツの骨格座標をWebカメラで検出するシステムを開発し、その技術を利用したデモが好評だったことから正式リリースに至った。製品名… もっと読む »


中央区赤坂2丁目に本社事務所を移転 新榮都市開発

関連会社が購入した5階建てビルに 投資用マンションの企画開発の新榮都市開発㈱(服部孝司社長)は5月21日、本社事務所を福岡市中央区渡辺通5丁目から同区赤坂2丁目に移転した。 けやき通り沿いに構えることによって認知度を高めブランド力向上を図るもの。同社の関連会社㈱MTHコーポレーションが昨年11月に購入した㈱タカモトの5階建て本社ビル(延べ床面積約300㎡)の2階と3階に入居する。場所は赤坂二丁目交… もっと読む »


売上高は4・8%増の399・3億円 スターフライヤー19年3月期

国際線黒字化目指す ㈱スターフライヤー(北九州市小倉南区空港北町、松石禎己社長)の19年3月期決算は売上高が前年比4・8%増の399億3700万円、経常利益は同54・2%減の12億5000万円で増収減益となった。 運航期間を延長した北九州―那覇線が好調に推移したことから、全体の旅客数は6・3%増の15万2000人と伸長し、売上高は過去最高を更新した。 一方、昨年に引き続き、原油価格の上昇が利益を圧… もっと読む »


2年間で120人採用へ サイバーコネクトツー

新採用計画を発表 家庭用ゲームソフト企画・開発の㈱サイバーコネクトツー(福岡市博多区博多駅前、松山洋社長)は、2年間で120人の採用を計画している。 同社がこのほど発表した「世界人材補完計画」によると、2019年度採用予定人数は、昨年度採用22人のおよそ3倍となる60人で、2020年度にも60人の採用を予定している(国内採用・モントリオール採用・海外採用の合計)。松山社長は、これまでも人材確保のた… もっと読む »


6月中旬、止水テープを販売開始 グローバルアーク

初年度売上目標2000万円 止水板の開発、製作などを手掛けるグローバルアーク㈱(福岡市西区小戸4丁目、石橋晋平社長)は6月中旬、止水テープの販売を開始する。 豪雨や水害対策向けに扉や窓、サッシの枠部分などに止水テープを貼り、浸水を防ぐ。商品名は「WPT(ウォータープロテクトテープ)」。幅150mmと75㎜の2種類展開で、それぞれ一巻き10m。価格はともに1920円(税別、75㎜幅は2本1セット)。… もっと読む »