NEWS

行橋市に40億円かけインバータ新工場建設  安川電機   来年7月操業、生産能力2倍に

 株式会社安川電機(北九州市八幡西区黒崎城石、利島康司社長)は、来年7月操業を目指し、約40億円をかけて福岡県行橋市の同社行橋事業所内にインバータの新工場を建設する。1月着工予定。  好調に推移するインバータ事業の受注と今後の新製品投入による拡販計画に対応するため、生産増強を図る。新工場は建築面積約1万2,000平方メートル。完成後の生産能力はこれまでの2倍(年間300万台)になる。また、海外に展… もっと読む »


立体駐車場を時間貸しできる機械を発売  トータル・パーキング・オファー   1台15万円

 コインパーク機器販売、管理の株式会社トータル・パーキング・オファー(福岡市早良区小田部1丁目、吉松孝師社長)は、11月から賃貸マンションの立体駐車場をコインパークとして時間貸し利用できる機械を発売した。  ワンルームなどの賃貸マンションでは、車を所有していない入居者が多く、併設の立体駐車場が未契約のケースもあるという。そこで同社では、未契約の立体駐車場に機械を設置することで、コインパークとして利… もっと読む »


10億円かけ大濠2丁目に6階建て億ション  コーセーアールイー   07年2月着工、12月完成

 ファミリー・投資型マンション「グランフォーレ」分譲の株式会社コーセーアールイー(福岡市中央区赤坂1丁目、諸藤敏一社長)は、総投資額10億円をかけ、同市中央区大濠2丁目に6階建て高級マンションを建設する。07年2月に着工し、12月に完成する。  マンションの名称は「グランフォーレ大濠(仮称)」。場所はアメリカ合衆国領事館近く、厚生年金大濠荘隣り、敷地面積約1,000平方メートル、延床面積1,579… もっと読む »


本店売場面積を増床  千鳥饅頭総本舗   席数は30席増の100席に

 和洋菓子・パン製造販売の株式会社千鳥饅頭総本舗(福岡市博多区上呉服町、原田光博社長)は、今年12月下旬をめどに本社本店の売り場面積を330平方メートルから380平方メートルに増床、リニューアルオープンする。  これは本店の店舗面積を拡大することで、新規顧客層の獲得と本店舗イメージの刷新を図るもの。リニューアル後はテーブル席が70席から100席に増加。「千鳥屋本店」およびベーカリー事業部「スベンス… もっと読む »


2012年までにジャスダック上場を目指す  協同組合エコエナジー   今期売上高は81%増に

 節電ビジネス事業体の協同組合エコエナジー(福岡市早良区百道浜1丁目、川崎敏隆代表理事)は、2012年までにジャスダック上場を目指している。  同組合は06年3月期売上高が5億5,000万円、07年3月期は売上高約10億円(前期比81.8%増)、経常利益2,500万円を見込むなど業績が順調に推移していることから株式公開を目指している。上場時には売上高30億円、経常利益約3億円を目指している。今後は… もっと読む »


中央区舞鶴に海老料理専門店をオープン  DD・カンパニー   7店舗目

 飲食店経営の有限会社DD・カンパニー(福岡市中央区舞鶴2丁目、小野孝社長)は、11月30日、同市中央区舞鶴1丁目に海老料理専門店をオープンした。7店舗目。  ロブスターやオマール、車海老などの食材を使った海老料理専門店で、名称は「EBIYA ONO」。場所は舞鶴2丁目交差点近く。今年5月にオープンした「小野の離れ」、「ねぎ焼き小野」の北側に位置している。敷地面積は49平方メートル、木造2階建てア… もっと読む »


人材育成目的の合宿所を建設  ダイハツ九州   11月22日完成

 ダイハツ九州株式会社(大分県中津市昭和新田、東迫旦洋社長)は、敷地内に人材育成を目的とした宿泊施設が完成した。  相次ぐ増産決定で急速に増加した人員に対して、効率的な人材教育を施すためのもの。来年4月に115人、07年末までに合計で約400人が増員される同社は、人材教育を重要施策に定め「人づくり道場」という研修部門を設けている。今回の施設は、同部門の宿泊研修に用いられる予定。場所は同社敷地内の第… もっと読む »


中間期はパルプモウルド部門好調で増収増益  大石産業   通期も増収増益へ

 産業用包装資材製造・販売の大石産業株式会社(北九州市八幡東区桃園2丁目、中村英輝社長)の07年3月期連結中間決算は、売上高が85億100万円で前年同期比7.1%増、経常利益が4億2,200万円で同11.9%増の増収増益となった。  第1四半期に引き続き、鶏卵トレー、鶏卵個装容器や工業品輸送用緩衝材を中心としたパルプモウルド部門、食品トレー向けPSフィルムを中心とした樹脂部門や紙袋部門、工業向け製… もっと読む »


福岡地所が南区花畑に商業施設5,300平方メートル  福岡市内開発申請状況   福岡トヨタ自動車も店舗

 ふくおか経済・株式会社地域情報センターは、2006年10月24日から11月27日までの、福岡市の開発許可が必要な市街化調整区域と1,000平方メートル以上の造成を伴う市街化区域への開発申請状況をまとめた。  今回の調べでは合計9件が申請。うち事業用開発は、すべての申請物件の開発地面積で最大となった福岡地所株式会社(福岡市博多区住吉1丁目、八木聖二社長)が南区花畑4丁目に開発する商業施設約5,30… もっと読む »


サイト上で店舗設計等の発注サービス  エリアプロジェクト   ウィークエンドホームズ社と提携

 オフィスや店舗に特化した賃貸仲介業の株式会社エリアプロジェクト(福岡市博多区美野島2丁目、吉住征一社長)は、東京都の株式会社ウィークエンドホームズ社(森本剛社長)と業務提携し、12月中旬から自社運営の不動産検索サイト「テナントガイド」上で、店舗やオフィスの設計、デザインを発注できるサービスを開始する。  同サイトでは、飲食店など出店希望者の利用も多いことから、空き店舗情報に加えて店舗の設計やデザ… もっと読む »