NEWS

中国江蘇省常熟市に現地法人を設立し工場を開設  西部技研    全熱交換器、除湿機を現地生産

 省エネ・環境保全機器メーカーの株式会社西部技研(古賀市青柳、隈扶三郎社長)は、年内をめどに、中国江蘇省常熟市に現地法人を設立。併せて、同市東南経済開発区内に床面積2600平方メートルの工場を賃貸し、全熱交換器、除湿機の組み立て工場を開設する。  数年前から国内や欧米の取引先が中国にシフトしてきたことを受けて、昨年9月に上海に駐在員事務所を開設。当初、3年後をめどに現地法人を設立する予定だったが、… もっと読む »


11月下旬、台北市に観葉植物店を出店  ピーツー・アンド・アソシエイツ    台湾2店舗目

 ペット関連用品小売・卸のピーツー・アンド・アソシエイツ株式会社(糟屋郡志免町、田坂豊継社長)は、11月下旬、台湾台北市に観葉植物店「CityPlants」を出店する。  同社は、香港の総合スーパー経営・シティ・スーパー社(CitySuper Ltd.)とFC契約を結んでおり、シティ・スーパー社が展開する「citysuper」内の地下1階に出店する。場所は、台北市の中心街。フロア面積は33平方m、… もっと読む »


235億円かけ敷地内に第2工場建設  ダイハツ九州    10年までに50万台のフル稼働

 ダイハツ工業株式会社の生産子会社ダイハツ九州株式会社(大分県中津市昭和新田、東迫旦洋社長)は、約235億円をかけ工場敷地内に第2工場を建設する。  ガソリン高騰による軽自動車の需要増に対応するもの。フル稼働時の生産台数は23万台で第1工場と合わせた生産台数は最大で50万台となる。第2工場の敷地面積は50万平方m、延床面積は5万平方m。軽自動車の生産を予定する。汎用性重視で小型自動車も生産できる第… もっと読む »


今泉1丁目に木々に囲まれた商業施設オープン   ナオキクリエイティブ   3棟に8店舗入居

 福岡市中央区大名1丁目のデベロッパー・株式会社ナオキクリエイティブ(久保山俊明社長)は、11月1日、同区今泉1丁目に“6割が木々”という3棟で構成した新商業施設「季離宮(ときりきゅう)」をオープンする。  同社にとっては11棟目の運営・管理施設。これまで大名地区限定で商業施設を手がけており、新施設も大名地区の “離れ”として捉え、「町という遊び場に、心の離れを持つ大人の舞台」というコンセプトの下… もっと読む »


大博通り沿いに11階建てオフィスビル   明治安田生命と渡辺地所   来年8月完成

 明治安田生命保険相互会社(東京都千代田区、松尾憲治社長)の不動産部と渡辺地所株式会社(福岡市中央区天神1丁目、渡邉浩志社長)は、福岡市博多区博多駅前1丁目に11階建てオフィスビルを建設する。完成は来年8月。  場所は大博通り沿い、西日本シティ銀行本店別館ビル隣りで、敷地面積約1,374平方m。建物は地上11階・地下1階建てで、延べ床面積約1万1,255平方m。30台収容の立体駐車場も完備する。用… もっと読む »


樹脂メッキ自動車部品生産事業に参入   室町ケミカル   11月10日に工場が稼動

 医薬品メーカーの室町ケミカル株式会社(大牟田市勝立町、村山哲郎社長)は、11月10日から自動車の樹脂めっき部品生産を開始し、自動車産業に本格的に参入する。  同社は、これまで医薬品やプリント配線基板用のメッキ薬品の製造を手掛けてきたが、北部九州への自動車産業の集積を受け、新たな事業の柱として自動車部品生産事業の参入を計画。04年から樹脂メッキ製品の生産技術を持つ関東化成工業株式会社の技術支援を受… もっと読む »


山口県岩国市の生薬栽培研究所等の運営を受託   新日本製薬   12月1日から稼働

 健康食品、医薬品、基礎化粧品の企画、製造、通信販売業を手掛ける新日本製薬株式会社(福岡市中央区赤坂1丁目、後藤孝洋社長)は、10月4日、山口県岩国市から生薬栽培研究所と栽培試験場の運営を受託した。12月1日から稼働する。  これは同施設を運営、使用していた企業が7月付で撤退したことを受け、同社が漢方薬の原料となるハーブなどを栽培するために受託した。場所は岩国市本郷町の「中山工業団地」と「神田工業… もっと読む »


レクサスES用新ライン増設   トヨテツ福岡   来年2月稼働

 トヨタ系自動車部品メーカーの株式会社トヨテツ福岡(宮若市下有木、菊池和一社長)は、4億円をかけてトヨタの高級車レクサスES用部品製造のための新ライン増設を進めている。稼働は来年の2月。  同社工場(建物面積約2万平方m)はトヨタ自動車九州株式会社のボデー部品を生産しており、昨年9月の操業以来、フル稼働に向けて段階的に生産設備を増強している。すでに800tプレス装置を設置しており、来年の本格稼働に… もっと読む »


ジャスダックに株式を上場   日本和装ホールディングス   今期は増収増益へ

 受講料無料の着付け教室を全国で展開する日本和装ホールディングス株式会社(福岡市中央区大名2丁目、吉田重久社長)は、9月8日、ジャスダック市場に株式を上場した。  無料の着付け教室「日本和装」の社会的な知名度、信用度アップが狙い。公募価格は10万円で、初値は18万3,000円となった。主幹事証券会社は野村證券。同社は、全国315カ所で女性を対象にした4カ月間の無料着付け教室「日本和装」を展開。着物… もっと読む »


自動車部品工場を新設   戸畑ターレット工作所   来年5月稼働

 電力部品などを製造する株式会社戸畑ターレット工作所(小倉南区新曽根、松本敏生社長)は、自動車部品の新工場を建設している。稼働は来年5月。  同社は今年4月、北部九州の自動車産業活況を受け、自動車部品業界への参入を決定し、工場稼動に先駆け自動車部品事業部を設置した。新工場では車体軽量化のニーズから需要が増しているアルミ部品を製造する。建物面積は約1,700平方m。本社工場から約1kmの北九州工業団… もっと読む »