NEWS

遠隔地での三者間通話による電話通訳サービス ビーボーン 韓国語、中国語、英語に対応

 電話代行業などの株式会社ビーボーン(福岡市中央区赤坂一丁目、鬼木敏之社長)は、遠隔地での三者間通話による電話通訳サービスを始めた。  これは、同社が昨年夏にスタートした携帯電話で、同一場所にいる外 国人との会話を電話通訳するサービスが遠隔地にいる外国人との会話でも受けることが可能になったため。 サービス時間は午前八時から午後十時までで、韓国語、中国語、英語の三カ国語に対応。料金は、月額基本料三千… もっと読む »


コンピューターウイルス対策製品の販売開始 富士通九州システムエンジニアリング 3月から

 ソフトウェア開発の株式会社富士通九州システムエンジニアリング(福岡市早良区百道浜二丁目、柴田善次郎社長)は、三月三日からコンピューターウイルス対策製品「WebShield Appliance」の導 入サービスを始めた。  これは、ネットワークセキュリティ会社の日本ネットワークアソシエイツ株式会社(東京都渋谷区、加藤孝博社長)のウイルスゲートウェイ技術者認定資格を九州地区で初めて取得し、サービス提… もっと読む »


ウェブ管理更新を一元化したシステムを発売 ミックスネットワーク 行政や各種文化施設に展開

 ネットワーク構築、ウェブ系システム開発の株式会社ミックスネットワーク(福岡市博多区博多駅東一丁目、吉川隆二社長)は、今年一月からウェブ管理更新を、利用者側に一元化するシステムを発売した。  従来、限られた管理者や制作会社などを介在していたホームページ(HP)の更新、運用管理を、一元的に利用者側で管理できるようにして、HP管理更新の時間的コスト、運用コストを削減できる、としている。名称は「ミックス… もっと読む »


5月1日、東京ドームシティ・ラクーアに出店 一蘭 初年度売上高1億8000万円見込む

 ラーメン店経営の株式会社一蘭(福岡市中央区渡辺通四丁目、吉冨学社長)は五月一日、東京都文京区春日一丁目の商業施設「東京ドームシティ・ラクーア」内に新店舗を出店する。  同社は二〇〇一年十月オープンの六本木店を皮きりに首都圏への出店を進めており、同店は四店舗目。店舗面積は百二十九平方メートル、座席数は三十席。「一蘭」ではテーブルの仕切りが外れるタイプの店舗になる予定。オープンから十二月末までの初年… もっと読む »


大名以外の九州限定の商業施設開発コンサル会社を設立 久保山俊明ナオキクリエイティブ社長 集合住宅なども

 福岡市中央区天神に隣接する大名地区限定の商業施設デベロッパー、株式会社ナオキクリエイティブ(同区大名一丁目)の久保山俊明社長は大名以外の九州限定の商業施設開発コンサルティング会社「株式会社ハッピートー ク」を一月十六日に設立した。  ナオキクリエイティブはこれまでもその実績から大名地区以外での開発依頼があったが、大名限定としてきたため、依頼を断ってきた。昨年設立十周年を迎え、後継者とする鈴木貴之… もっと読む »


リオスコーポレーションが岡山地区代理店に 高光産業 全国9地域で展開中

 物流倉庫業、インターネット関連事業の高光産業株式会社(福岡市博多区東光二丁目、妹尾八郎社長)はこのほど、全国展開する地域コミュニティサイト運営事業の岡山地区代理店として、情報サービスの株式会社リオスコー ポレーション(岡山市豊成二丁目、松田久社長)と業務提携した。  同サイトは、同社が九州地場金融機関の協力を得て一昨年十月から展開しているビジネスモデル。企業・団体を会員とし、潜在顧客群や顕在顧客… もっと読む »


専門用語の日本語変換電子辞書を発売 電子辞典 年間売り上げ計六千本を目指す

 電子書籍・辞典システム開発の株式会社電子辞典(福岡市中央区舞鶴一丁目、徳留豊社長)は三月十四日、電子辞典の新シリーズとして「有斐閣書法律法学用語」「南山堂医学用語」の二製品を皮切りに、専門用語の 日本語入力を快適にする「変換辞書シリーズ」を展開する。  専門用語をパソコンに入力する際の漢字変換をスムーズ化するもので、出版社からライセンス提供されたデータを元に、日本語変換ソフト用の追加辞書として開… もっと読む »


日韓学校交流のサポートを開始 西銀コンピュータサービス ASP普及のため

 システム開発の西銀コンピュータサービス株式会社(福岡市早良区百道浜一丁目、野路潔社長)は、三月から日韓学校交流のサポートを開始すした。  これはソウル市の西部に位置するインチョン市の小、中、高校と日本 の学校との橋渡しをするもの。同社では昨年から日本語を韓国語、韓国語を日本語に翻訳するASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)サービスを開始しており、この利用者を増やす狙い。同サービスは、韓… もっと読む »


九州工場の2棟増設完成、4月本格稼働 福岡クロス工業 03~04年度に約1億円の追加投資も

 電力ケーブル・光ファイバーケーブルの被覆テープ製造、福岡クロス工業株式会社(福岡市博多区比恵町、天岡健社長)が九州工場(佐賀県神埼郡千代田町)で建設している新工場二棟が二月下旬に完成、三月の試験 運転を経て、四月本格稼働した。  これは国際競争力を強化するため昨年八月三十一日に着工していたもの。本格稼働までの投資額は約六億円。同社は今年を世界シェアトップに向けた戦略元年と位置づけ、海外シェアアッ… もっと読む »


医療・福祉分野の事務系専門職員を育成 福岡国際医療福祉学院 PT、OTは夜間部を開設

 学校法人高木学園(高木邦格理事長)が運営する福岡国際医療福祉学院(福岡市中央区長浜一丁目、五十君裕玄学院長)は、〇三年四月に医療情報管理学科を新設する。従来の医療事務だけに留まらず、医療福祉関連施 設の経営管理に携わる人材を育成していく。  医療情報管理学科は、二年制で入学定員は四十人。同学科は、一昨年前に夜間コースとして設置されていたが、今回昼間コースとして本格的にスタートすることになった。カ… もっと読む »