NEWS

新本店の開店半年間の売上高は425億円 岩田屋 入店客数は1100万人で遠来客拡

 株式会社岩田屋(福岡市中央区天神二丁目、佐久間美成社長)新本店の開店半年間(三月~八月)の売上高は四百二十五億円(前年比〇・二%減)となった。同期間の入店客数は一千百万人で遠方からの来客が増加した。  本店が移転し西鉄、地下鉄駅から離れたことや、郊外店オープン、閉店セールの反動減、売り場面積の減少など予想されたマイナス面に加え、八月の猛暑、台風の影響で客足が鈍り苦戦したが、売上高は当初の計画を〇… もっと読む »


年内にビュッフェレストラン4店舗を出店 グラノ24K FC方式で、関東・関西にも出店を計画

 バーベキュービレッジ「ぶどうの木」、ビュッフェレストラン「野の葡萄」などを経営する株式会社グラノ24K(遠賀郡岡垣町手野、小役丸秀一社長)は年内までに、全国でビュッフェレストラン「野の葡萄」四店舗の出店を計画している。  主力業態の「野の葡萄」は、「食と健康」をテーマに、自社農園や岡垣町の農家で収穫された野菜をメーンに使い、バイキング形式で提供するスタイルのレストラン。現在、直営で四店舗(黒崎井… もっと読む »


9月は大分、大野城、熊本市に3店舗を出店 JR九州リーテイル 九州で80店舗体制に

 九州旅客鉄道(JR九州)の全額出資子会社でコンビニエンスストア「am/pm」などを展開するジェイアール九州リーテイル株式会社(福岡市博多区博多駅前二丁目、伊藤敏夫社長)はコンビニエンスストア「am/pm」事業で九月七日、大分市青崎二丁目に「大分青崎店」を、同十三日、大野城市乙金東二丁目に「大野城乙金病院前店」、同三十日、熊本県下益城町富合町古閑に「熊本富合店」をそれぞれオープンした。  これは福… もっと読む »


久山町・福岡市東区の約2万平方メートルの物流施設用地を取得 ニシヒロ 早ければ年内にも第1期工事に着手

 陸上貨物運送業の株式会社ニシヒロ(福岡市東区蒲田二丁目、西尾史郎社長)は久山町久原から福岡市東区蒲田四丁目にまたがる約二万平方メートルの物流施設用地を取得し、早ければ年内にも物流施設の第一期工事に着手する。  同社は〇二年四月から、トラックの空いたスペースに荷物を積み合わせ、路線便に比べ安価で運ぶ「ダイエット便」を本格的に開始。同時に甘木市にダイエット便の物流拠点「甘木トランスファーステーション… もっと読む »


東区香椎浜に介護付き有料老人ホームを建設 福岡地所シニアライフ 05年11月上旬開業予定

 地場大手ディベロッパーの福岡地所株式会社(福岡市博多区住吉一丁目、八木聖二社長)のグループ会社福岡地所シニアライフ(福岡市博多区住吉一丁目、榎本一彦社長)は、福岡市東区香椎浜三丁目に介護付き有料老人ホームを建設している。二〇〇五年十一月上旬のオープンを予定している。  場所はイオン香椎浜ショッピングセンターの西側で同社とJR九州が共同で開発している分譲マンション「香椎浜ガーデンズ」の東隣。名称は… もっと読む »


約15億円かけ産業用ロボット月産1500台体制へ 安川電機 生産能力30%増強

 株式会社安川電機(北九州市八幡西区黒崎城石、利島康司社長)は今年度中に総投資額約十五億円をかけて産業用ロボットの生産能力を三〇%増強し、月産千五百台体制を構築する。  好調な受注状況に対応するため。同社中間工場内に機械加工工場を新設。新設する機械加工工場にはFMS(一つの生産設備や生産ラインで複数の製品を生産できる仕組み。多品種少量生産の生産性を高める)機械加工ラインを構築し、加工マシンも十台追… もっと読む »


新潟市に14階建大型マンション 作州商事 東日本エリアで初のプロジェクト

 地場大手デベロッパー・作州商事株式会社(福岡市博多区大博町、城戸辰徳社長)は、新潟市に十四階建てマンション(総戸数百十戸)を建設している。完成予定は来年六月。既存エリアである西日本地区以外では初のマンションプロジェクト。  名称は「エイルマンション新潟駅南ロゼア」で、場所は同市米山三丁目、JR新潟駅南の新潟交通「笹口大通」バス停そば、周辺エリアでは新潟駅南再開発整備事業が進められている。敷地面積… もっと読む »


11月にも3回目の増資を計画 スターフライヤー 資本金は10億円超に

 二〇〇六年三月の北九州~羽田線就航を目指す新規航空会社スターフライヤー(本社・北九州市小倉南区大字曽根、北九州事務所・同市小倉北区米町二丁目、堀高明社長)は、十一月にも三回目の増資を計画している。  同社はこれまで安川電機やTOTO、ゼンリン、第一交通産業など北九州本社の企業から出資を受け、三月に資本金を二億二千万円、八月には五億六千二百万円まで増資した。このほど海外の企業から三億円程度の出資の… もっと読む »


岐阜・福島・宮崎各市に支店開設で全国24拠点に ホームテック 9月1日付で3拠点同時稼働

 外壁塗装など住宅リフォームのホームテック株式会社(福岡市東区八田二丁目、小笠原良安社長)は九月一日、岐阜市と福島市、宮崎市に各一拠点の計三支店を同時に開設し、全国で二十四拠点体制となった。  岐阜・福島・宮崎県での支店開設は共に初めて。岐阜市は約十五万七千世帯、人口四十一万人規模で、中部地区六拠点目。福島市は約十万九千世帯、人口約二十九万一千人規模の都市で、拠点としては仙台に次ぐ東北地方二カ所目… もっと読む »


病院・施設向け排泄ケア支援システムの営業を開始 メディカル・ケアセンター 全国展開も視野に

 紙おむつや介護機器など介護用品販売の株式会社メディカル・ケアセンター(福岡市東区多の津四丁目、福山慶雄社長)は、病院向け排泄ケア支援システムの営業を本格開始した。  紙おむつの枚数を手書きで管理している病院や施設がほとんどだが、正確性や効率性の面で問題が発生するケースが多く、こうした現場のニーズに対応するために、同社では二年前からシステム開発に取り組んできた。「排泄ケア支援システム」は、小型バー… もっと読む »