NEWS

電力販売事業の拡大で黒字転換 ホープ

今期売上高は約4倍の114億円見込む 自治体向け広告代理店の㈱ホープ(福岡市中央区薬院1丁目、時津孝康社長)の19年6月期決算は、売上高が前年同期比70・2%増の38億6246万円、経常利益は9533万円で前期の経常損失1億1404万円から黒字転換となった。 前事業年度より開始したエネルギー事業における電力販売の取引規模が、計画に対して大きく拡大したことが黒字転換につながった。また、自治体と民間企… もっと読む »


大分駅構内にドラッグストア JR九州ドラッグイレブン

通勤通学など駅利用者の来店見込む ドラッグストア運営のJR九州ドラッグイレブン㈱(大野城市川久保、今林泰社長)は9月13日、大分市のJR大分駅構内にドラッグストアを出店した。 名称は「ドラッグイレブンJR大分駅店」。通勤通学者や観光客などの駅利用者の集客を見込むもの。薬や医薬品、化粧品などを販売する。営業時間は24時間。同社では「便利な立地とコンパクトな店舗ながら充実した品揃えを実現させている」と… もっと読む »


永和ビルテックなど2社を子会社化 ケイ・テクノス

管工事や電気工事業強化 協和エクシオグループで電気通信設備工事の㈱ケイ・テクノス(福岡市南区那の川1丁目、林田修社長)は7月31日に空調・衛生設備工事の㈱永和ビルテック(田川市川宮、中村克己社長)など2社の発行済み株式全てを竹志田勝永和ビルテック会長一族から取得し子会社化した。 株式取得したもう一社はメンテナンス部門を担う㈱永和メンテナンス(同所、竹志田勝社長)。ケイ・テクノスは電気通信設備のほか… もっと読む »


母校・大分大学から名誉博士号 第一交通産業の黒土始会長

同大3人目で日本人初 第一交通産業㈱(北九州市小倉北区馬借2丁目、田中亮一郎社長)の黒土始代表取締役創業者会長は9月6日、大分大学(北野正剛学長)から名誉博士の称号を受けた。 黒土会長は同大の前身・大分高等商業学校の出身(徴兵のため中退)で、永年の社会貢献の功績を称えて贈ったもの。同会長は全国34都道府県でタクシー事業を展開する同社を一代で築き上げ、2013年に旭日中授章、昨年には紺綬褒章を受章。… もっと読む »


自動車塗装、磨き作業用シザースリフト ファインピース

全長4・4メートル 自動車用品や整備工具などを販売するファインピース㈱(福岡市博多区東那珂1丁目、木下寛士社長)は9月8日、自動車塗装、磨き用シザースリフトを販売開始した。 商品名は「ペイント・ポリッシュ シザースリフト」。自動車の塗装や磨き、バンパーやオイル交換などの作業時に、車両を持ちあげるもの。全長4・4メートルで、軽自動車から小型トラックなど3トンまで対応でき、約25秒で、最大1・6メート… もっと読む »


下関市私有林上空で物流ドローンの実装実験 トルビズオン

組合林業、下関市と共同で ドローンを使った上空シェアリングサービスの㈱トルビズオン(福岡市中央区大名2丁目、増本衞社長)は、11月から下関市の私有林上空を活用した買い物弱者向けドローン物流の実装実験を始める。 組合林業㈱、山口県下関市と共同で、高齢者の多い同市豊田町での買い物弱者向けビジネスモデルの運用を開始。運ぶのはパンやデザート、弁当などで重量1~2㎏の物品を想定し、私有林上空を使用する際は同… もっと読む »


博多駅2丁目内で本社・教室を移転 オンリード

ベルコモンズ博多ビル4階に ボイストレーニングやボーカル養成のスクール「オンリード ミュージックアカデミー」を運営するオンリード㈱(宇都宮充社長)は本社・教室を福岡市博多駅2丁目の福岡Dビルから同町内のベルコモンズ博多ビル4階に移転した。 事業拡大とサービスの向上を図るため前事務所が手狭になったもの。場所は博多駅前2丁目交差点北西側。フロア面積は旧教室の1・5倍の150㎡。新教室ではドラムやベース… もっと読む »


地域再生事業のローカルベンチャーに出資 自然電力

事業シナジーと地域間連携を軸に 自然エネルギー発電開発の自然電力㈱(福岡市中央区荒戸1丁目)は9月6日、全国各地で地域再生事業などを展開する㈱インターローカルパートナーズ(東京都港区、山本桂司社長、以下ILP)に出資することを決めた。 ILPは、有志10人が2019年2月に出資、設立したローカルプロデュースカンパニーで、業種や肩書き、地域を超えた地域プロデューサー同士の繋がりを生かし、地域ビジネス… もっと読む »


西鉄柳川駅北側ににぎわい交流施設など整備 西日本鉄道

県や柳川市と協働、24年度内の完了目指す 西日本鉄道㈱(福岡市博多区博多駅前3丁目、倉富純男社長)は福岡県や柳川市と協働で、2024年度中の整備完了を目指し、同市三橋町下百町の西鉄柳川駅周辺整備事業に着手する。 同駅周辺整備では2015年に柳川市と西鉄が東西駅前広場や東西自由通路を整備するとともに駅舎をリニューアル。今回は水郷・柳川らしいにぎわいのある駅前空間を目指し、そのシンボルである掘割を駅北… もっと読む »


不動産金融ビジネスに進出 ワールドホールディングス

5日に債権回収会社を買収 人材・教育ビジネス、不動産ビジネス、情報通信ビジネスの㈱ワールドホールディングス(福岡本社・福岡市博多区博多駅前2丁目、伊井田栄吉会長兼社長)はこのほど、グループ化した子会社を通じて不動産金融ビジネスに進出する。 同社の不動産ビジネスは、マンション開発から戸建て注文住宅、仲介、リノベーション、プロパティマネジメント、ユニットハウス製造販売、また、コンバージョン(用途変更)… もっと読む »