NEWS

経常利益は604億2700万円の黒字化 ふくおかFG3月期

週刊経済2021年6月8日発行 信用コスト大幅減 ㈱ふくおかフィナンシャルグループ(福岡市中央区大手門1丁目、柴戸隆成社長)の21年3月期連結決算は、売上高に相当する経常収益が前年比3・0%減の2747億5400万円の減収、経常利益は604億2700万円(前年度経常損失52億5千万円)の黒字化となった。 昨年度決算は景気後退や新型コロナウイルスの影響などから将来を見越して事前に貸倒引当金を計上する… もっと読む »


売上高は13・8%減の573億7800万円 三井松島ホールディングス3月期

週刊経済2021年6月8日発行 経常は0・8%増の30億円 石炭生産販売の三井松島ホールディングス㈱(福岡市中央区大手門1丁目、吉岡泰士社長)の2021年3月期は、売上高が前期比13・8%減の573億7800万円、経常利益が同0・8%増の30億2千万円で減収増益だった。 ペット用品販売の㈱ケイエムティ(大阪府)や計測装置の製造・販売の三生電子㈱(東京都)、家具用金物メーカー・㈱システックキョーワ(… もっと読む »


南区老司3丁目で戸建て分譲開始 ベストブライト

週刊経済2021年6月1日発行 8区画 新築注文住宅や建売住宅事業の㈱ベストブライト(福岡市南区桧原1丁目、松枝旭洋社長)は4月26日、同区老司3丁目で8区画の戸建て分譲を開始した。 名称は「ブライトヒルズ老司」で、同ブランドでは28カ所目。場所は「老司団地入口・老司中入口」交差点南東側。第1期(4区画)の敷地面積は112~113㎡。木造(在来軸組工法)・省令準耐火構造の2階建てで、延べ床面積は9… もっと読む »


柳川合同に100万円の株式再投資 大阪中小企業投資育成

週刊経済2021年6月1日発行 3回目 投資、成長支援事業の大阪中小企業投資育成㈱(大阪市北区中之島3丁目、齋藤浩社長)は4月26日、一般貨物自動車運送の㈱柳川合同(柳川市西浜武、荒巻哲也社長)に100万円の株式再投資を実施した。 柳川合同は1954年4月設立。資本金6900万円。従業員416人(グループ、21年4月)。本社近隣のほか関東、関西地区に全10拠点を有する。輸配送や荷役・保管業務のほか… もっと読む »


博多織柄のマウスパッド発売 鴛海織物工場

週刊経済2021年6月1日発行 伝統的手法を用いた商品 博多織と関連商品を製造、販売する㈱鴛海(おしうみ)織物工場(福岡市博多区下川端町3丁目、鴛海伸夫社長)は5月18日、博多織の柄を取り入れたマウスパッドを発売した。 商品名は「蒔絵(まきえ)マウスパッド」。博多織の伝統的な「献上柄」を、日本の伝統的な漆工芸のひとつ「金蒔絵」の手法を用いて描いた点が特徴。木箱入り(3300円)と和紙箱入り(275… もっと読む »


室内サバイバルゲームスタジオ 三重のユーエスマート

週刊経済2021年6月1日発行 県内初出店 室内遊園地事業などのユーエスマート㈱(三重県伊勢市上地町、小山毅志社長)は4月29日、「アイランド・アイ」に室内サバイバルゲーム(サバゲー)スタジオをオープンした。 主要都市に店舗展開する一環で出店した。店舗名は「Brave Point(ブレイブポイント)福岡店」。場所は「アイランド・アイ」(福岡市東区香椎照葉6丁目)の2階。店舗面積は402㎡。店内に研… もっと読む »


新北九空港線・苅田若久高架橋が開通 福岡県

週刊経済2021年6月1日発行 東九州道と北九州空港のアクセスさらに強化 福岡県が建設を進めてきた苅田町の県道新北九州空港線・苅田若久高架橋が、5月30日午後3時に開通した。 東九州自動車道・苅田北九州空港インターチェンジから北九州空港までのアクセス向上を目的に整備されてきた。開通区間は高架橋482メートルを含む1・1キロで、設計速度60キロ・片側2車線の自動車専用道路。沿線にはトヨタ自動車九州の… もっと読む »


スマホアプリ風HPサービスと電柱広告を連携 イーハイブ

週刊経済2021年6月1日発行 名称は「電柱広告Plus」 クラウドサービス開発などの㈱イーハイブ(福岡市中央区天神4丁目、高橋善晴社長)は5月20日、自社で展開するスマホアプリ風ホームページ「すまっぽん!」に電柱広告を連携させた新サービスの提供を開始した。 「すまっぽん!」は、小規模店舗や個人事業主などを対象にしたリピーター獲得ツールとして2015年から展開している。情報発信側である利用者が、必… もっと読む »


本社敷地内に物流倉庫を新設 やますえ

週刊経済2021年6月1日発行 総事業費2500万円 明太子メーカーの㈱やますえ(糸島市多久、馬場孝志社長)は本社工場敷地内に物流倉庫を新設する。9月をめどに着工、11月上旬の完成を予定している。総事業費は2500万円。 卸売り事業の一環として、主に福岡都市圏を対象とした配送業務が好調のため、野菜、魚を保管し出荷する場所が手狭となっていたことから新設するもの。平屋建てで建築面積は75㎡。倉庫は冷凍… もっと読む »


日の里団地再生事業でクラウドファンディング 東邦レオ

週刊経済2021年6月1日発行 宗像市との連携協定の一環 壁面などの都市緑化、空間プロデュースなどを手掛ける東邦レオ㈱(大阪市中央区上町、吉川稔社長)は5月17日から、西部ガス㈱(福岡市博多区千代1丁目、道永幸典社長)とともに、宗像市の日の里団地再生の取り組み支援を目的としたクラウドファンディングを開始した。 両社は昨年3月、同市で開発から50年が経過した日の里地区の再開発に向けて、市やUR都市機… もっと読む »