NEWS

トップは福大215人、2位西南大、3位日大 地域情報センター調べ

週刊経済2021年4月20日発行 地場経営者の出身大学 ふくおか経済・㈱地域情報センター(福岡市博多区博多駅東1丁目)は、地場企業経営者の出身大学を調べ、トップは福岡大学の215人だった。 昨年12月に発行した「202Ⅰ年版福岡の会社情報」で、地場約3400社のデータから抽出したもの。2位は西南学院大学の90人、2位までは前年と変わらず、3位は日本大学の72人だった。以下は、4位九州産業大学、5位… もっと読む »


元副知事の服部氏、大差で初当選 福岡県知事選挙

週刊経済2021年4月20日発行 県職員出身では初、10年ぶりの新知事 小川洋前知事の辞職に伴う福岡県知事選挙は、4月11日に投開票され、無所属新人で自民、立憲民主、公明、社民の各党が推薦する元副知事の服部誠太郎氏(66歳)が元福岡市議で共産党が推薦する無所属新人の星野美恵子氏に約75万票の大差で初当選した。 今回の知事選は、小川前知事の肺腺がん治療の長期化というリーダー不在の中、職務執行代行者を… もっと読む »


営業利益は12・3%増の271億8千万円 安川電機20年度連結決算

週刊経済2021年4月20日発行 需要は期末にかけ回復傾向に ㈱安川電機(北九州市八幡西区黒崎城石、小笠原浩社長)の2021年2月期連結決算は、売上高が前年比5・2%減の3897億1200万円、営業利益は同12・3%増の271億8千万円だった。 上期を中心に新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたが、米国、欧州、中国とも、期末にかけて需要先で生産活動が正常化し、設備投資の動きが見られた。また、一時… もっと読む »


巣ごもり需要で営業収益は過去最高の1317億円 ミスターマックス・ホールディングス2月期連結決算

週刊経済2021年4月20日発行 経常は2・5倍に 大手ディスカウントストア・㈱ミスターマックスを中核とする㈱ミスターマックス・ホールディングス(福岡市東区松田1丁目、平野能章社長)の2月期連結決算は、営業収益(売上高+不動産賃貸収入+その他の営業収入)が前年同期比7・7%増の1317億8900万円、経常利益が約2・5倍の57億4800万円の増収減益だった。 新型コロナ感染症予防と外出自粛に伴う新… もっと読む »


小郡市で物流施設開発用地を取得 東京のシーアールイー

週刊経済2021年4月20日発行 22年夏頃着工予定 物流施設を中心とする不動産管理・運営事業の㈱シーアールイー(東京都港区、亀山忠秀社長)は3月24日、小郡市の物流施設開発用地を取得した。九州での開発物件は「ロジスクエア鳥栖」(佐賀県鳥栖市)に続く2件目で、福岡県内では初めて。 場所は同市山隈、大分自動車道「筑後小郡インターチェンジ」そば。敷地面積は約1万5998㎡。「筑後小郡インターチェンジ地… もっと読む »


コーセーアールイーが中央区大名に15階建て共同住宅 福岡市標識設置報告書

週刊経済2021年4月13日発行 延べ床面積は6872㎡ ふくおか経済・㈱地域情報センターがまとめた4月1日公表分の福岡市標識設置報告書によると、今回建設予定が報告された建築物は12件だった。(建築主が個人のものは除く、標識設置日・2月26日~3月11日)。 最も延べ床面積が広いのは、㈱コーセーアールイー(福岡市中央区赤坂1丁目、諸藤敏一社長)が南区大橋1丁目に建設する15階建て共同住宅「(仮称)… もっと読む »


本社敷地内に新製品・サービスを展示商談する施設 九電テクノシステムズ

週刊経済2021年4月13日発行 木造2階建て、延べ床面積420㎡ 電気機械器具製造・販売会社の九電テクノシステムズ㈱(福岡市南区清水4丁目、小野利喜社長)は4月26日、同所の本社敷地内に自社商品の展示施設「Q′s―LABO(キューズラボ)」を開設する。 既存製品・サービスの改良や改善、新商品開発などの環境を整備するもので、グループ企業外の一般顧客獲得に向けて自社商品を中心としたソリューション商材… もっと読む »


北九州市小倉北区京町3丁目に新店舗 東京のインターメスティック

週刊経済2021年4月13日発行 県内初のリブランド店 眼鏡ショップ「Zoff(ゾフ)」を運営する㈱インターメスティック(東京都港区北青山、上野博史社長)は4月9日、北九州市小倉北区京町3丁目に新店舗をオープンした。県内初のリブランド店。 20周年を機に、新たなブランド戦略を掲げ、セントシティ小倉のリニューアルにともない新店舗として出店した。新たなブランド戦略は『Eye Performance(ア… もっと読む »


オンラインショップを開設 パームツリーリゾート

週刊経済2021年4月13日発行 在宅需要に対応 宿泊レストラン「オテルグレージュ」(宗像市神湊)を運営するパームツリーリゾート㈱(同所、柴田誠社長)は4月初旬、初のオンラインショップを開設した。 コロナ禍における在宅需要の増加から、持ち帰り商品などをオンラインで販売する。販売するのは「ショコラテリーヌ(1500円)」「木箱入りフルーツタルト(2700円)」などのスイーツ商品や、自宅で同ホテルのレ… もっと読む »


2021年5月期の輸出額が1億円突破 五洋食品産業

週刊経済2021年4月13日発行 香港、米国で日本製洋菓子需要増 冷凍洋菓子製造販売の五洋食品産業㈱(糸島市多久、舛田圭良社長)は3月10日付で2021年5月期の輸出売上高が1億円を突破した。 15年から現地パートナー企業と香港・マカオやアメリカでの販売に取り組み、当時から当面の目標としていた1億円を超えた。同社は国内で業務用、宅配用、小売市場、海外向けの4つの販売チャネルをもち、海外向けはコロナ… もっと読む »