NEWS

経常利益は3割増の14億3千万円 新日本製薬中間決算

週刊経済2021年6月1日発行 計画以上の着地、オペレーションコスト減が奏功 東証1部上場の化粧品、健康食品、医薬品企画・通販の新日本製薬㈱(福岡市中央区大手門1丁目、後藤孝洋社長)の2021年9月期第2四半期累計(2020年10月~21年3月31日)決算は、売上高が前年同期比1・5%減の165億7500万円、経常利益が同3割増の14億3千万円で、減収増益だった。 営業利益は同27・3%増の13億… もっと読む »


イベント企画会社を設立 福岡市の福岡良治さん

週刊経済2021年6月1日発行 社名は㈱オフィスR3 福岡市在住の福岡良治(ふくおかりょうじ)さんは6月15日、同市中央区小笹1丁目にイベント企画会社を設立する。 社名は㈱オフィスR3(アールスリー)。場所は「小笹2丁目北」交差点南東側の野ばら保育園はす向かい。当面は自宅を事務所として活用し、今後は独立した事務所を構える予定。資本金は100万円。従業員は3人。設立初年度(2022年3月期)の売上高… もっと読む »


春の町ランプと陣原オンランプは22年度内の供用へ 北九州国道事務所

週刊経済2021年6月1日発行 国道3号黒崎バイパス 北九州国道事務所は、国道3号黒崎バイパス(北九州市八幡西区陣原―同市八幡東区西本町)に建設中の春の町ランプと陣原オンランプは、2022(令和4)年度中に供用する見通しを明らかにした。 八幡東区に設置される春の町ランプはJR鹿児島本線と北九州都市高速道路を跨ぐ高架橋工事として整備され、高架を支える下部工工事が完了したことで、開通にめどが立った。同… もっと読む »


太陽光自家消費システムが本格稼働 オガワ機工

週刊経済2021年6月1日発行 イデックスゼロプランを採用 オーダーメイド型自動省力機器、搬送設備製造のオガワ機工㈱(久留米市宮ノ陣町、伊藤秀典社長)が本社事務所および工場屋上に設置していた太陽光自家消費発電システムが本格稼働した。 SDGsの観点から、社会課題および労働環境の改善や生産性の向上、企業価値を高めるなどの目的で導入したもの。今年2月、㈱新出光(福岡市博多区上呉服町、出光泰典社長)が提… もっと読む »


小型空気除菌装置を発売 アイクォーク

週刊経済2021年6月1日発行 卓上設置可、スマホアプリと連動 電子機器受託開発・設計を手掛けるアイクォーク㈱(志免町南里6丁目、立石憲治社長)は5月25日、小型の空気除菌装置「ライトニックUV サイネージ」を発売した。 同社では、光触媒をコーティングした筒形の金属に、殺菌効果を持つUVランプを内蔵した反応器によって除菌効果を発揮する空気除菌装置を開発。床に置くタイプの商品を販売しているが、新たに… もっと読む »


航空需要減で当期純損失100億円 スターフライヤー3月期

週刊経済2021年6月1日発行 旅客数前年比72%減少 ㈱スターフライヤー(北九州市小倉南区空港北町、白水政治社長)の2021年3月期決算は売上高が前年比54・7%減の182億9500万円、経常損失は113億5600万円で減収・赤字化となった。 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う国内での移動自粛や国際線を持つ台湾への入国制限などの影響を受け、航空需要が急激に減退。旅客数が前年比約72%減少するな… もっと読む »


リキュールの新商品を発売 鷹正宗

週刊経済2021年6月1日発行 愛媛県産ゆずを使用 酒類メーカーの鷹正宗㈱(久留米市小頭町、濵﨑公孝社長)は5月1日、リキュールの新商品を発売した。 日本酒や焼酎をメインに展開するが、近年では若年層をターゲットにしたリキュール製造にも取り組んでいる。商品名は「鷹正宗 ゆず酒」。原材料に清酒、液糖、愛媛県産ゆずの果汁を使用。アルコール度数は10度。瓶詰めで容量は720㎖(1400円、税別)と1800… もっと読む »


アイランドシティにBBQとカフェの複合施設 東京のソウルプラネット

週刊経済2021年6月1日発行 九州初出店 レンタルスタジオアやイベントなどの㈱ソウルプラネット(東京都港区南青山6丁目、佐藤伸一社長)は4月29日、福岡市東区香椎照葉の「アイランド・アイ」にバーベキューとカフェの複合施設をオープンした。九州初出店。 店舗名は「DREAM DOOR FUKUOKA ON THE BEACH(ドリームドアフクオカオンザビーチ)」。場所は「アイランドシティ」の屋外。床… もっと読む »


大阪市3区の体育授業支援サポート受託 リーフラス

週刊経済2021年6月1日発行 28小学校で出張授業 各種スポーツスクールの運営受託、スポーツイベント企画のリーフラス㈱(福岡市博多区博多駅前3丁目、伊藤清隆社長)は4月12日、大阪市3区28小学校と「令和3年度子どもの体力向上事業」の業務受託契約を締結した。 対象校は中央区7校、阿倍野区10校、東成区11校。民間事業者の運動指導員を派遣して運動技術指導し、「子どもが運動のコツを習得する」、「子ど… もっと読む »


糸島市多久に営業所を新設 福山通運グループ

週刊経済2021年6月1日発行 12月完成予定 物流大手の福山通運㈱(広島県福山市、小丸成洋社長)は糸島市多久に福岡糸島営業所を建設している。12月完成予定。 糸島地域での営業強化を目的にグループの九州福山通運㈱(福岡市博多区榎田1丁目)の営業所として新設するもので、グループでは福岡県内16カ所目の拠点。場所は福岡前原道路の前原ICそば。敷地面積は6358㎡、鉄骨造り平屋建てで床面積は2172㎡。… もっと読む »