NEWS

九州工場の2棟増設完成、4月本格稼働 福岡クロス工業 03~04年度に約1億円の追加投資も

 電力ケーブル・光ファイバーケーブルの被覆テープ製造、福岡クロス工業株式会社(福岡市博多区比恵町、天岡健社長)が九州工場(佐賀県神埼郡千代田町)で建設している新工場二棟が二月下旬に完成、三月の試験 運転を経て、四月本格稼働した。  これは国際競争力を強化するため昨年八月三十一日に着工していたもの。本格稼働までの投資額は約六億円。同社は今年を世界シェアトップに向けた戦略元年と位置づけ、海外シェアアッ… もっと読む »


医療・福祉分野の事務系専門職員を育成 福岡国際医療福祉学院 PT、OTは夜間部を開設

 学校法人高木学園(高木邦格理事長)が運営する福岡国際医療福祉学院(福岡市中央区長浜一丁目、五十君裕玄学院長)は、〇三年四月に医療情報管理学科を新設する。従来の医療事務だけに留まらず、医療福祉関連施 設の経営管理に携わる人材を育成していく。  医療情報管理学科は、二年制で入学定員は四十人。同学科は、一昨年前に夜間コースとして設置されていたが、今回昼間コースとして本格的にスタートすることになった。カ… もっと読む »


プラムガーデン古賀に同社25店舗目を出店 益正グループ 売上目標は2億5000万円

 居酒屋レストランチェーン展開の株式会社益正グループ(福岡市中央区薬院三丁目、草野益次社長)は三月一日、古賀市花見東四丁目の複合商業施設「プラムガーデン古賀花見東」内に同社二十五店舗目となる直営店を 出店した。  これは同地区における高い集客力を活用することで、認知度の向上を図るもの。場所は国道495号沿い、花見小学校東隣り。店舗名は「益正・古賀店」。店舗面積は四百九十五平方メートル、座席数は二百… もっと読む »


九州初のパチンコ店を北九州市と福岡市に出店 京都市のマルハン 遊技台数は1000台と800台

 京都市上京区出町の大手パチンコチェーン・株式会社マルハン(鈴木嘉和社長)は昨年末、九州初出店となるパチンコ店を北九州市と福岡市に出店した。  北九州市八幡西区本城四丁目に「マルハン本城店」、福岡市東区二又瀬新町に「同二又瀬店」を出店したもの。本城店はパチンコ六百四十台、スロット四百台の計千四十台。敷地面積は約一万七千平方メートルで、店舗面積は三千平方メートル。駐車場は八百六十一台収容で、十二月二… もっと読む »


企業向け電話音声録音機能付きのCTIシステムを開発 アンソネット 4月から本格販売

 ソフトウェア開発の株式会社アンソネット(福岡市中央区薬院一丁目、大園郁社長)は、電話音声録音機能付きのCTIシステム(通信システムと顧客データベースを統合したシステム)を開発、四月から本格的に販売 をスタートした。  これは同社が昨年から販売しているCTIシステム「接客ナビ」に電話録音機能がついたもので、通話中の全ての会話がコンピュータに録音できる。通話ごとに整理し録音することで、担当者への細か… もっと読む »


食物の安全性を分析する中央研究所を法人化 キューサイ 外部からの委託増加で

 青汁・冷凍食品の製造販売、キューサイ株式会社(福岡市中央区草香江一丁目、長谷川常雄社長)は一月二十四日付で、青汁などの残留農薬の分析を実施してきた中央研究所を法人化した。  同研究所では青汁を中心とした残留農薬の分析を実施してきたが、輸入野菜や果実から基準値以上の農薬が検出される事例が相次いでいることを背景に外部からの委託が増加、今後もその需要が見込まれることから、守秘公正を保つ観点から法人化す… もっと読む »


新シリーズ住宅の販売を開始 JR九州住宅 独自工法で展開

 戸建住宅建設・販売のJR九州住宅株式会社(福岡市吉塚本町、甲斐総治郎社長)は、一月から住宅性能表示制度に対応した新シリーズ住宅の販売を開始した。  九電グループの九州住宅保証株式会社から住宅性能評価を受けることを基本としており、高性能住宅として営業拡大を目指すもの。同社の住宅は木材の反りを抑えるプレカットした集成材を軸組みに使用し。接合部分を強化するための特殊接合金物を採用し、独自の断熱パネルを… もっと読む »


モニター付自動販売機で広告配信を開始 ベンディアム 初期導入費用は無料

 システム開発の株式会社ベンディアム(福岡市博多区博多駅南五丁目、倉住強一郎社長)は、四月からモニター付自動販売機を使って広告配信事業を開始した。  これは倉住社長が二〇〇一年十月からモニター付自動販売機の開発を開始し、〇二年七月にNTT西日本と提携、配信開始となった。野外設置可能なパソコン(CPU)と十五インチのモニターを内蔵し、NTT・Bフレッツ(光ファイバー)の回線に接続された自動販売機を初… もっと読む »


05年8月期めどに株式公開へ 明光電子 売上高80億円で店頭公開市場へ

 電子部品卸業の明光電子株式会社(大野城市東大利三丁目、十川正明社長)は、二〇〇五年八月期をめどに、店頭公開市場への株式公開を計画している。今期の売上高目標は五十億円で、〇五年八月期に同八十億円をめ ざす。  同社は部品選定や調達を一括で受注、小ロット発注にも対応する同社独自の販売方法を中心に、開拓分野として力を入れる回路設計、基盤の受注試作製造も売上高の三五%を占めるなど貢献したが、主要市場の産… もっと読む »


高齢者マンションでテレビ利用の管理情報配信 アリスネット パナホームとタイアップで

 インターネット機器販売、地域情報配信サービスの株式会社アリスネット(福岡市中央区白金一丁目、坂口慎一郎社長)は、高齢者向けマンションで、テレビを利用した管理情報配信システムを導入する。  パナホーム株式会社(大阪市)が大阪府守口市に建設している高齢者向け賃貸マンション「サンリスタ守口」(五月竣工、五十二戸)へ、アリスネットの中心商品である、テレビ接続型のインターネット機器「canーD」と、ホーム… もっと読む »