NEWS

バイオベンチャー支援企業を1社選定 筑邦銀行

週刊経済2021年10月19日発行 久留米市のCUBIC Starsに ㈱筑邦銀行(久留米市諏訪野町、佐藤清一郎頭取)は、バイオベンチャー企業の育成を支援する「ちくぎんバイオベンチャー研究開発大賞」に、㈱CUBIC Stars(久留米市百年公園、田中義紀社長)を選定した。 同賞は同行が取り組む地域密着型金融推進計画「創業・新事業支援機能などの強化」として2006年度に創設したもので、今年で11回目… もっと読む »


建設、防災安全事業強化の組織変更 日本乾溜工業

週刊経済2021年10月19日発行 営業本部廃止して事業本部を新設 交通安全施設、法面工事施工の日本乾溜工業㈱(福岡市東区馬出1丁目、伊東幸夫社長)は10月1日から営業本部を廃止し、建設事業本部、防災安全事業本部を新設するなどの組織変更を実施した。 同社は主力の建設事業、防災安全事業、化学品事業の3事業で構成しており、エリア拠点に対するサポート機能の再強化で、中期経営計画の実行を目指す。セグメント… もっと読む »


薬院4丁目に焼き菓子専門店 UPROAD DINING

週刊経済2021年10月19日発行 新業態の一号店 飲食事業を展開する㈱UPROAD DINING(福岡市西区愛宕2丁目、庄司考善社長)は9月17日、同市中央区薬院4丁目に焼き菓子専門店をオープンした。 店名は「Queen(クイーン)」。チーズケーキ専門店に次いで新業態の店舗。場所は浄水通り・薬院交番前西側のライオンズマンション1階。店舗面積は72㎡。来店客の目前での焼き立てにこだわり、製造スペー… もっと読む »


本社で大卒7人の内定式を開催 玉屋

週刊経済2021年10月19日発行 コロナ影響も前年比4人増 パチンコホール経営の㈱玉屋(福岡市中央区春吉3丁目、山喜多映一社長)は10月1日、本社で来春入社予定の大卒生7人の内定式を行った。 今年もコロナ禍で採用活動への影響が懸念されたが、内訳は男性4人、女性3人で前年度比4人増となった。内定式はコロナ感染症対策として男女別に二部構成で実施した。 式では山喜多社長が「数ある企業の中から玉屋を選ん… もっと読む »


社外取締役にヨーコ・ゼッターランド氏 リーフラス

週刊経済2021年10月19日発行 元女子バレーボールアメリカ代表選手 各種スポーツスクールの運営受託、スポーツイベント企画のリーフラス㈱(福岡市博多区博多駅前3丁目、伊藤清隆社長)の社外取締役に元女子バレーボールアメリカ代表のヨーコ・ゼッターランド氏が就任した。10月1日付。 ヨーコ・ゼッターランド氏はアメリカ合衆国カリフォルニア州出身。1969年3月24日生まれの52歳。6歳で日本へ移り、中学… もっと読む »


那珂川市と住民の健康づくりで包括的連携 新生堂薬局

週刊経済2021年10月19日発行 自治体との連携は2例目 調剤薬局やドラッグストアを展開する㈱新生堂薬局(福岡市南区中尾3丁目、水田怜社長)は8月23日、那珂川市(武末茂喜市長)と地域住民の健康づくりなどに関する包括的連携協定を結んだ。 経営理念「健康なくらしのお手伝い」を実践するため、同社の薬剤師、管理栄養士、医薬品登録販売者の知見やノウハウを生かし、地域貢献につなげるもの。自治体との連携は飯… もっと読む »


営業収益は2・2倍強の2399億1700万円 イオン九州中間決算

週刊経済2021年10月19日発行 合併効果で大幅増収 イオン九州㈱(福岡市博多区博多駅南2丁目、柴田祐司社長)の8月中間決算は、売上高に賃料収入を加えた営業収益が前年同期比2・2倍強の2399億1700万円、経常損益は前年同期の8億4700万円損失から28億1900万円の利益に黒字転換した。 売上面では、昨年9月にマックスバリュ九州㈱、イオンストア九州㈱と合併したことやコロナによる巣ごもり需要で… もっと読む »


売上収益は前期比28・4%増の2399億円   安川電機中間決算

週刊経済2021年10月19日発行 営業利益は約2倍の268億6700万円 モーションコントロール・ロボット開発、システムエンジニアリングなどを手掛ける㈱安川電機(北九州市八幡西区黒崎城石、小笠原浩社長)は10月8日、2022年2月期第2四半期(2021年3月~8月末)連結決算で売上収益が前年同期比28・4%増の2399億700万円、営業利益が同102・1%増の268億6700万円の増収増益となっ… もっと読む »


新社長に和泉光紀副社長  和泉プロパン

週刊経済2021年10月19日発行 事業承継の一環 LPガス、太陽光発電システムを販売する㈱和泉プロパン(久留米市野中町)の新社長に10月1日付で和泉光紀副社長が昇格した。和泉光信社長は代表権のある会長に就いた。 これは経営の若返り図るもの。光紀新社長は光信氏の長男で久留米市出身、1987年12月3日生まれの33歳。近畿大学産業理工学部・大学院産業理工学研究科卒業後2012年4月同社入社。配送、太… もっと読む »


複合オフィスビル名称を「博多イーストテラス」に決定 東京のNTT都市開発と大成建設

週刊経済2021年10月19日発行 22年開業 NTT都市開発㈱(東京都千代田区、辻上広志社長)と大成建設㈱(同新宿区、相川善郎社長)が福岡市博多区博多駅東1丁目に建設している複合オフィスビルの名称が「博多イーストテラス」に決定した。完成は2022年8月を予定。 ボーリング場の博多スターレーン跡地に建設している同ビルは、高容積緩和を受けられる再開発推進事業「博多コネクティッドボーナス」の認定第一号… もっと読む »