NEWS

韓国・漢陽サイバー大学と単位互換協定 サイバー大学

海外の大学とは初の連携 ソフトバンクグループでインターネット通信制のサイバー大学(福岡市東区香椎照葉3丁目、川原洋学長)は1月30日、韓国・ソウル市の漢陽(ハニャン)サイバー大学と単位互換協定を結んだ。 2017年1月に結んだ教育研究連携の覚書に基づいた共同施策で、海外の大学とオンラインのみで完結する授業科目の単位互換を設けるのは初の試みになる。漢陽サイバー大学は、韓国最大規模のオンライン大学で0… もっと読む »


グラノ24Kの店舗・工場・ホテルなど8件 福岡県許可事業

岡垣町に9972㎡ ふくおか経済・㈱地域情報センターが3月11日にまとめた、県の許可を新たに受けた市街化区域(1000㎡以上)と市街化調整区域(第2種特定工作物を除く都市計画法第34条に該当)、未線引都市計画区域(3000㎡以上)の開発事業は、グラノ24K(岡垣町手野、小役丸秀一社長)が計画している店舗・工場・ホテルの開発用地など計8件だった。 同社が岡垣町内浦に開発を計画している施設の規模は99… もっと読む »


外国人労働者は17%増の4万6273人 福岡県内の外国人雇用状況

国籍別ではベトナム人が最多 福岡労働局調べによる福岡県内の外国人労働者数(2018年10月末現在)は、前年同期比17・4%増の4万6273人だった。 雇用対策法に基づき2007年に外国人雇用状況の届出制度が義務化されて以降、過去最多で、東南アジア方面からの留学生や技能実習生の増加で、国籍別に占めるベトナム人の割合が30%と、中国人の割合を超えた。雇用事業所数も前年同期比15・2%増の7625カ所と… もっと読む »


駐車場関連事業好調で売上高6・4%増 トラストHD 中間期

採算改善で経常益は黒字転換 トラストホールディングス㈱(福岡市博多区博多駅南5丁目、喜久田匡宏社長)の2018年12月の連結中間決算は、売上高が前年同期比6・4%増の59億800万円で増収、経常利益が7300万円(前年同期は5900万円の経常損失)で黒字転換した。 売上面は、主力の駐車場事業で収益性を重視した新規駐車場開発に注力し、特に駐車場小口化商品「トラストパートナーズ」として商品化が可能な駐… もっと読む »


フリーター、既卒者向け就職サービス開始 レバレジーズ

中部、九州地方でサービス拡大 人材支援サービス業のレバレジーズ㈱(東京都、岩槻和秀社長)は2月4日から、フリーター、既卒者向け就職支援サービスを福岡支店で提供開始した。 フリーターや既卒などの正社員未経験の求職者や、経験の浅い第二新卒者に特化した就職、転職支援サービス。サイト名は「ハタラクティブ」。中部、九州地方に在住する求職者に向けたサービス拡大を目的に、福岡支店と同日から名古屋支店でも提供を開… もっと読む »


北九州市小倉南区にカレー専門店 山口のジープロジェクト

FC店として 理美容事業や飲食事業の㈲ジープロジェクト(山口県岩国市、須山一也社長)は2月25日、北九州市小倉南区上葛原2丁目にカレー専門店をオープンした。 関東エリアを中心に16店舖チェーン展開する㈱アークス(東京都豊島区、米田周平社長)の「100時間カレー」のFC店として出店したもの。場所は北九州都市高速道路1号線そばのサンリブシティ小倉店2階のフードコート内で、店名は「100時間カレーサンリ… もっと読む »


筑後地区で婚活支援事業を開始 ちくご出会いサポートセンター

成功報酬は不要 筑後地区での独身男女の婚活を支援するNPO法人ちくご出会いサポートセンターJUNOALL(久留米市、関文彦理事長)は5月9日、事業を開始する。 独身男女に出会いの場を提供する全国各地での取り組み「JUNOALL(ジュノール)」の筑後版。全国8カ所目、県内では北九州、福岡、宗像に次いで4カ所目となる。筑後に拠点を置く企業や個人の協賛金などで運営する非営利団体で、利用者は独自のマッチン… もっと読む »


西区姪浜3丁目に3階建てアパート 愛和

家具好きのためのコンセプトアパート 投資用アパート1棟売りの㈱愛和(福岡市博多区綱場町、阿部浩二社長)が同市西区姪の浜3丁目に建設していた新コンセプトの3階建て木造アパートは、3月2日に完成した。 場所は福岡市営地下鉄・姪浜駅北側で、姪浜当方公園南側の姪浜住吉神社北西の住宅地の一画。敷地面積は132㎡で、延べ床面積は203㎡。間取りは1LDKで、居室数は6戸。名称は「Patina(パティーナ)姪浜… もっと読む »


新年度にU・Iターンで福岡100人移住を計画 YOUTURN

ふくおかFGなどと東京でイベント開催も 福岡へのUターン、Iターン人材と企業のマッチングサービスを提供する㈱YOUTURN(福岡市中央区大手門1丁目、中村義之社長)は1月8日、福岡への100人移住計画を発表した。 ディー・エヌ・エーの新規事業立ち上げに参画した経験を持つ中村社長が、地元福岡での優秀な人材不足の解消を目指し掲げたもので、同計画の期間は今年4月から来年3月まで。目標達成に向け、同社は2… もっと読む »


無線操作の草刈り機を発売 筑水キャニコム

堤防急斜面など悪条件で使用可能 農機具製造、販売の㈱筑水キャニコム(うきは市吉井町、包行良光社長)は2月9日、無線で操作する草刈り機を発売した。 河川敷や堤防など急斜面での操作に対応し、悪条件での作業者の安全性や高い作業性を目指した商品。名称は「クロカン・ジョージ」。75馬力エンジンを搭載し、走破性や刈り取り機能を重視した。重心を低く設定したことで最大40度の斜面で作業できる。大きさは全長450㎝… もっと読む »