NEWS

天候不順、博多井筒屋閉店で減収減益  井筒屋    通期も減収減益見込む

 百貨店・株式会社井筒屋(北九州市小倉北区船場町、江本幸二社長)の07年8月中間の連結決算は、売上高が503億9500万円で前年同期比7・8%減、経常利益が2億5500万円で同47・6%減の減収減益となった。  博多井筒屋の閉店と天候不順による本社の売上不振が影響し減収となった。この減収を受け、経常利益も大幅減となった。11月に黒崎店の1階食品フロアを全面リニューアルしたことで下期は好調に推移して… もっと読む »


ホテル事業参入、販管費増で増収減益  シノケングループ    売上高は4期連続で増加

 不動産販売、不動産賃貸管理、ファイナンス事業などシノケングループ各社の持株会社・株式会社シノケングループ(福岡市博多区博多駅南1丁目、篠原英明社長)の2008年3月期連結(6社)中間決算は、売上高が107億5400万円で前年同期比26・4%増、経常利益は7500万円で同55%減の増収減益となった。当期純利益は4100万円で同71・5%減。  福岡および首都圏、札幌、仙台、名古屋都市圏における高資… もっと読む »


福岡市中央区大手門に福岡支店を開設  東京都のハウスアンドハウス    支店長に田中氏

 木材加工・木製浴槽製造・販売などのハウスアンドハウス株式会社(東京都千代田区、早田岳史社長)は、11月29日付で福岡市中央区大手門1丁目に福岡支店を開設した。支店長には田中憲一元キッチンハウス取締役が就任した。九州は初進出。  場所は大手門2丁目交差点そば、大手門館の2階。田中支店長は福岡県出身、1944年4月6日生まれの63歳、福岡支店開設に伴い今回同社の取締役に就任した。事務所兼ショールーム… もっと読む »


7年ぶりにレストランのグランドメニュー刷新  ピエトロ    4割入れ替え、米飯も追加

 ドレッシング製造・販売やレストラン事業を展開する株式会社ピエトロ(福岡市中央区天神3丁目、村田邦彦社長)は、11月24日から、福岡市内近郊の店舗を皮切りにレストランのグランドメニューを刷新する。大きな入れ替えとしては7年ぶり。  グランドメニューはレストラン全店共通のベーシックメニューで、今回は長年の人気メニューは継続しつつも、パスタ、ピザ、サラダなどのメニューのうち新登場20種類やリニューアル… もっと読む »


夏物商材の不振などで増収減益に  ミスターマックス    新店舗出店などで売上高は7・2%増

 大手ディスカウントストア・株式会社ミスターマックス(福岡市東区松田1丁目、平野能章社長)の2008年3月期の連結中間決算は、売上高が499億1300万円で前年同期比7・2%増、経常利益が3億2900万円で同58・2%減の増収減益だった。また、単体でも売上高が487億8600万円で同7・7%増、経常利益が3億4900万円で同55・1%減の増収減益だった。  今年度上期は、7月に東京都内初出店となる… もっと読む »


主力HS事業部門改善で黒字転換  サニックス    業績底を打ち回復基調に

 総合環境衛生管理の株式会社サニックス(福岡市博多区博多駅東2丁目、宗政伸一社長)の08年3月期中間連結決算は、売上高が137億4200万円で前年同期比11・5%減、経常利益は2億3200万円で15億1900万円の赤字から黒字転換した。  環境資源開発事業部門で、前第4四半期に発生したサニックスエナジー苫小牧発電所の火災事故により6月中旬まで操業を停止するなどしたが、HS(ホーム・サニテーション)… もっと読む »


売上高495億円、経常1億5700万円  岩田屋    通期で年商1070億円目指す

 株式会社岩田屋(福岡市中央区天神2丁目、速水俊夫社長)の08年3月期中間連結決算(07年4月~9月末)は、売上高が495億4100万円、経常利益が1億5700万円となった。  親会社の伊勢丹との事業年度統一に伴い、前期は06年10月から07年3月まで6カ月間の変則決算のため、今中間期で前年同期間の増減は発表していない。営業利益は1億4000万円。当期損益は1億4800万円の赤字となった。  通期… もっと読む »


博多区博多駅東2丁目に本社移転  ジェック福岡営業所    11月30日

 経営変革支援コンサルティング事業、人材教育事業の株式会社ジェック(東京都、岩下禮二郎社長)は、11月30日、福岡営業所を福岡市博多区博多駅東2丁目に移転した。  場所は、竹下通り沿い「音羽」交差点北側。アーバンネット博多ビル4階。産業教育サービスで、社員研修などを手掛ける。同社は東京都豊島区東池袋3丁目に本社を置き、福岡営業所は1991年4月開設。従業員数2人。


鹿児島市金生町に173店舗目出店  ドラッグイレブン    輸入雑貨など取り扱う新業態店

 ドラッグストア運営の株式会社ドラッグイレブン(大野城市川久保、本郷譲社長)は、12月7日、鹿児島市金生町の商業施設「アルボーレ鹿児島」1・2階に「ドラッグイレブンベレッツァいづろ」をオープンする。173店舗目となる。  場所は既存店「ドラッグイレブンいづろ店」隣接地で、従来の店舗に比べ化粧品・雑貨を充実し、輸入雑貨・輸入食品を初めて取り扱う新業態となる。店舗面積は766平方m。店長は藤崎貴之福岡… もっと読む »


採算重視の受注と施工効率化で黒字転換  九電工    リース事業回復で通期も最終黒字見込む

 株式会社九電工(福岡市南区那の川1丁目、橋田紘一社長)の9月中間期連結決算は、売上高が869億4600万円で前年同期比4・7%減、経常利益は9億8100万円、中間純利益は6200万円でそれぞれ黒字化した。  売上高は大型工事の完成時期の影響などで減収となったが、期間の工事受注高は、1406億2000万円で前年同期比12・3%増となっている。利益面では、採算性を重視した受注戦略の展開と効率的な施工… もっと読む »