NEWS

カメラ1台で骨格を3D解析するシステム発売 ネクストシステム

ゲーム開発利用が手軽に ソフトウェア開発の㈱ネクストシステム(福岡市南区井尻3丁目、藤田義生社長)は9月9日、Webカメラ1台で人間の骨格を検出するシステムを発売した。 これまでは市販のWebカメラ2台を利用して人間の動きを撮影し、3D骨格を検出していたが、1台で関節の部位17カ所を測定し、3D骨格座標を検出できる新システムを開発した。2Dでの座標検出にも対応し、30カ所を測定できる。また、ゲーム… もっと読む »


常務に山下誠司取締役福岡第1営業部長が昇格 サニクリーン九州

取締役に森永執行役員 ダストコントロール商品、ユニホームレンタルの㈱サニクリーン九州(福岡市博多区半道橋1丁目、山田健社長)は、9月12日に株主総会及び取締役会を開き、同日付で常務に山下誠司(やました・まさし)取締役福岡第1営業部長、取締役に森永政則(もりなが・まさのり)執行役員北九州営業部長が昇格した。田島力男取締役相談役は取締役を退任し、非常勤相談役に就いた。 山下常務は、1960年12月3日… もっと読む »


大学病院初のスマートミール認証を取得 久留米大学

病院食堂提供の定食 学校法人久留米大学(久留米市旭町、永田見生理事長)は8月23日、久留米大学病院一般食堂で提供する定食が全国の大学病院として初めて「健康な食事・職環境」認証制度の「スマートミール」認証を取得した。 健康に資する要素を含む栄養バランスのとれた食事の通称「スマートミール」を推奨することで、食を通じて生活習慣病の発症予防を支援するもの。「スマートミール」認証は日本栄養改善学会など13の… もっと読む »


博多駅前2丁目のホテル内に新店舗 楽天地

6年ぶりに水谷崇社長が店頭復帰 もつ鍋専門店を展開する㈲楽天地(福岡市中央区天神1丁目、水谷崇社長)は9月25日、同市博多区博多駅前2丁目に新店舗「もつ鍋二代目楽天地」をオープンした。 新店舗はJR九州がオープンするワンランク上の新ホテル「ザブラッサム博多プレミア」2階に入居、従来店舗とはワンランク上に位置付け、もつ鍋のコース料理などを提供する。当面、今年3月に就任した2代目水谷社長が6年ぶりに店… もっと読む »


看護実習施設備えた5階建て新棟が完成 純真学園大学

さらなる地域医療の人材育成へ 医療系4学科を構成する純真学園大学(福岡市南区筑紫丘1丁目、福田庸之助学長)が、2018年2月より建設していた5階建て新棟「メディカルラーニングセンター」が8月24日に完成した。 建築面積は1643㎡、延べ床面積は6910㎡。1階にカフェレストランとオープンスペース、2・3階に大、中、小の講義室を設置。4階の基礎看護実習室は32床のベッドを配置し、120人を超える学生… もっと読む »


開発数半減の3件、全て2000㎡以下 福岡市内開発申請状況

戸建2件、共同住宅1件 ふくおか経済・㈱地域情報センターは、福岡市の開発許可が必要な市街化調整区域と1000㎡以上の造成を伴う市街化区域への開発申請状況(19年月8月分)をまとめ、法人による申請件数は前月比4件増の3件だった。 開発の内訳は、住宅が3件。開発面積が最大だったのは、地場不動産会社の㈱アスト(福岡市中央区草香江、岩永政浩社長)が早良区内野に開発する分譲の戸建住宅で、開発面積は1630㎡… もっと読む »


中央区薬院3丁目に7階建て賃貸マンション 九州メンテナンス

初の開発 九電グループで、施設管理サービスを手掛ける九州メンテナンス㈱(福岡市中央区渡辺通2丁目、津山武雄社長)は来年1月末完成を目指し、同区薬院3丁目に7階建ての賃貸マンションを建設している。 同社運営の駐車場スペースを有効活用する。建物名は「オーク薬院」で、場所は西鉄薬院駅から約400m南西側。敷地面積は258㎡。建物は鉄筋コンクリート造りの7階建てで、延べ床面積が783㎡。総戸数は25~26… もっと読む »


岡山県にYKK APと共同ショールーム TOTO

来年3月 衛生陶器製造のTOTO(北九州市小倉北区中島2丁目、喜多村円社長)とYKK AP(東京都千代田区、堀秀充社長)は来年3月上旬、岡山県に共同ショールームをオープンする。 TOTOはYKK APならびにDAIKENと2社もしくは3社共同のショールームを全国展開しており、岡山県には初進出。中国エリアでは2004年に広島に開設した3社ショールーム以来15年ぶりの2カ所目。場所は岡山市北区、JR岡… もっと読む »


AIによる不良品予測の判断理由を表示 スカイディスク

トーテックアメニティと共同開発 AIやIoTサービスを展開する㈱スカイディスク(福岡市中央区舞鶴2丁目、橋本司社長)はこのほど、製造業向けシステム開発のトーテックアメニティ㈱(名古屋市西区、坂井幸治社長)と共同でAIによる不良品発生予測とその判断理由を説明するサービスを開発し、9月18日に公開した。 従来は製造業向けにAIで不良品の発生を予測するサービスを導入していたが、判断プロセスが可視化できな… もっと読む »


睡眠障害に関する書籍を出版 福岡浦添クリニックの山口祐司院長

初の単著 睡眠障害の治療を専門とする福岡浦添クリニック(福岡市中央区六本松2丁目)の山口祐司院長は9月18日、睡眠障害に関する書籍を出版した。 開院20周年を記念して出版したもので、書籍名は「専門医が教える症状から見た睡眠障害の診断と治療」。208ページにわたる本書では「睡眠障害」の知識や症例、治療法などを詳しく紹介している。価格は税込1404円。発行元は現代書林で、各書店やAmazonなどで販売… もっと読む »