NEWS

筑後市徳久に食パン専門店 ZEN

週刊経済2021年6月22日発行 月商目標は350万円 WEBコンサルティング、飲食事業を手掛ける㈱ZEN(福岡市中央区舞鶴2丁目、古川秀希社長)は6月10日、筑後市徳久に食パン専門店を出店した。 同社は㈱T.H.S(埼玉県)が展開する食パン専門店「純生食パン工房 HARE/PAN」のフランチャイズに加盟しており、昨年10月の柳川店に次いで2店舗目の出店となる。店名は「純生食パン工房 HARE/P… もっと読む »


日本ミツバチ産の自家製はちみつを発売 HALU

週刊経済2021年6月22日発行 100g2200円 合同会社HALU(福岡市博多区住吉3丁目、吉田倫子代表)は6月10日、200個限定で自家製はちみつを発売した。 年2回しか採密できない希少価値の高い日本ミツバチ産で、同敷地内で養蜂した重箱式巣箱5個の約6万匹から採取した。5月20日から段階的に採密を始め、圧搾、ろ過など製造過程はすべて手作業。非加熱、未加工の純天然で、商品名は「博多ハニー」。内… もっと読む »


うきは市の新工場を一部稼働 筑水キャニコム

週刊経済2021年6月22日発行 受注好調のため 農機具製造、販売の㈱筑水キャニコム(うきは市吉井町、包行良光社長)は7月、同市に今年9月完成を目指して建設中の新工場を一部稼働させる。 海外からの受注が好調なため、現工場で対応できない製造工程を新工場の一部で対応する。新工場の建設場所は同市と久留米市が新たに計画している、両市内にまたがる「久留米・うきは工業団地」内の一角。5万1700㎡の敷地に、投… もっと読む »


明太子商品のOEM生産を開始 ヤマトバイオレッツ

週刊経済2021年6月22日発行 初年度売上高目標は5千万円 ふくやグループで明太子製品を販売する㈱ヤマトバイオレッツ(大野城市中畑1丁目、梁川剛一社長)は6月8日、明太子商品のOEM生産を開始した。 これまでふくやの一次加工工場として一般顧客向けでやっていたが、新たにコンビニエンスストア、食品スーパー、ドラックストアなど企業向けの新事業を開始し、新規顧客の獲得を目指す。供給先のニーズに合わせ、原… もっと読む »


東京のクリプタクトに1億円出資 FFGベンチャービジネスパートナーズ

週刊経済2021年6月22日発行  ㈱ふくおかFG傘下の㈱FFGベンチャービジネスパートナーズ(福岡市中央区天神1丁目、福田知社長)は運営するファンドを通じて、フィンテックベンチャーの㈱クリプタクト(東京都新宿区、アズムデアミン代表・斎藤岳代表)に1億円を出資した。 同社は、仮想通貨(暗号資産)の損益計算から資産管理、確定申告までサポートする国内ユーザー数トップのオンラインサービスのほか、株式・為… もっと読む »


博多区中洲4丁目にバー ハイライトシーン

週刊経済2021年6月22日発行 初出店 飲食店運営の㈱ハイライトシーン(福岡市博多区中洲4丁目、高森慎司社長)は4月23日、同所にバーをオープンした。初出店。 店名は「ハイシーン中洲店」。スタッフは10人で、常時2~3人体制。投げ銭式のライブ配信アプリ「イチナナライブ」の配信者(通称・ライバー)で構成しているのが特徴。場所は「西大橋」交差点東側の「セブンビル1」4階。店舗面積は35㎡で、カウンタ… もっと読む »


不動産仲介業の新会社を設立 アイケンジャパン

週刊経済2021年6月22日発行 社名は㈱ATMリアルエステート 投資用アパート企画販売の㈱アイケンジャパン(福岡市中央区天神2丁目、中島厚己社長)は7月1日、不動産売買仲介業の新会社㈱ATMリアルエステート(同、同社長)を設立する。 不動産の売買仲介を手掛けることで、自社アパートの売却案件に対応するほか、買取再販など事業拡大を図る狙い。資本金は1千万円で、代表は中島社長が兼任する。決算期は6月。… もっと読む »


ガーデニングや農業用手袋を発売 東和コーポレーション

週刊経済2021年6月22日発行 白色を追求 産業用ゴム手袋メーカーの㈱東和コーポレーション(久留米市津福本町、渡辺聡社長)は6月10日、ガーデニングや農業用手袋を発売した。 商品名は「オシャレ軍手」で、近年汚れが見立ちにくい色の手袋が増えていることから、どんな色でも汚れるという発想で、あえて白色にこだわった。ガーデニングカウンセラーの岡井路子さんとタレントの川瀬良子さん監修のデザインで、ポリウレ… もっと読む »


小柄な人向けサイズの家具を発売 タンスのゲン

週刊経済2021年6月22日発行 第1弾はパソコンデスクと食器棚 家具・インテリアEC事業のタンスのゲン㈱(大川市下林、橋爪福寿社長)は6月1日、小柄な人向けの家具の販売を開始した。 消費者のスタイルやニーズに沿った独自サイズの家具を提供する「TAO(タオ)」シリーズの第1弾。対象は身長155㎝以下の人。今回発売したのは「小柄さん専用 パソコンデスク 木目調」と「小柄さん専用 高さ150㎝食器棚」… もっと読む »


売上高は42億9300万円で減収減益 アイ・ケイ・ケイ中間決算

週刊経済2021年6月22日発行 施工組数と単価の減少で経常損失が拡大 ブライダル事業などの㈱アイ・ケイ・ケイ(佐賀県伊万里市新天町、村田裕紀社長)の2021年10月期中間連結決算は、売上高が前期比41・8%減の42億9300万円で減収、経常損失は前期の5億7500万円から9億2800万円に拡大した。 セグメント別では、婚礼事業において新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、挙式・披露宴の延期が… もっと読む »