NEWS

グループ会社をGoodホームデザインに変更 Good不動産

新イメージ向上図る 総合不動産業の㈱Good不動産(福岡市中央区大名1丁目、牧野修司社長)は8月8日、グループ会社の㈱Goodプロパティ(同)を㈱Goodホームデザインに社名変更した。 リノベーション「無垢部屋」を中心に設計・施工を手がける同社の新たなイメージの認知を図るもの。企業コンセプトは「Make good value」。 同社が設計する「無垢部屋」はアパートやマンションなど賃貸住宅を所有す… もっと読む »


9月から介護子会社を週休3日制に シノケングループ

他事業会社への導入も視野 投資用アパート・マンション販売の子会社などを傘下に持つ㈱シノケングループ(福岡市中央区天神1丁目、篠原英明社長)は、9月から介護関連事業の子会社に週休3日制を導入する。 昨今の「働き方改革」に対応したもの。グループ全体で取り組む方針だが、まずは勤務の体制面で対応しやすい介護事業に導入、従来の週休2日(1日8時間勤務)に加えて週休3(1日10時間勤務)を設定し、従業員の希望… もっと読む »


地場企業の新規上場を積極支援 福岡証券取引所・小田原理事長

「顔の見える証券取引所に」 福岡証券取引所(福岡市中央区天神2丁目)の小田原智一理事長はこのほど、本誌インタビューに応じ、「地域のインフラとしての役割を発揮していきたい」と抱負を述べ、地場企業の新規上場支援などの活動に積極的に取り組みたいと話した。小田原理事長は1944年2月12日生まれの73歳。九州大学法学部卒。九州電力で鹿児島支店長、取締役などを歴任した後、07年6月に福岡空港ビルディング社長… もっと読む »


公共施設予約管理システムを機能拡充 FJQS

今後1年で17自治体へ販売見込む ソフトウエア開発の㈱富士通九州システムズ(FJQS・福岡市博多区東比恵1丁目、松井和男社長)はこのほど、自治体向けの公共施設予約管理システムの機能拡充版を発売した。 商品名は「e‐Pares(イーパレス)Ⅴ01L90」。文化施設やスポーツ施設の予約情報などを一元管理するもので、これまで全国の65自治体で導入されている。今回、管理者側のマスタメンテナンス作業の時間と… もっと読む »


7月の市内オフィス空室率は3・09% 三幸エステート調べ

13カ月連続で最低値更新 賃貸オフィス仲介の三幸エステート㈱(東京都中央区銀座、種田充博社長)調べによると、7月の市内オフィス空室率は前月比0・04ポイント減の3・09%で、13カ月連続で統計開始(95年1月)以来の最低値を更新した。 規模別では、基準階貸付面積が200坪以上の大規模ビルが前月比0・1ポイント減の1・5%、100坪以上200坪未満の大型ビルが前月比0・1ポイント増の2・3%、50坪… もっと読む »


中央区天神2丁目に福岡オフィス開設 東京のビットフォレスト

初の拠点展開 Webセキュリティーサービス開発の㈱ビットフォレスト(東京都千代田区、高尾都季一社長)は9月4日、福岡市中央区天神2丁目に福岡オフィスを開設する。 東京本社に並ぶ研究開発やシステム運営の初の拠点として、事業拡大を図る。場所は通称昭和通り沿いの「野村不動産天神ビル」4階。事務所面積約50㎡で、ミーティングやイベントなどさまざまな用途での使用を目的にコミュニティースペースを広く確保した。… もっと読む »


市役所内にボランティアセンター新設 田川市

住民による地域活動を推進 田川市は8月1日、田川市役所総務部安全安心まちづくり課内に「田川市ボランティアセンター」を開設した。 開室時間は午前9時から午後4時半まで。相談スペースや市民活動団体・ボランティア情報のチラシ等の閲覧は自由で、イベントなどのチラシ設置や事務機械の利用は登録団体のみ利用できる。事務機器の予約には予約が必要で、一部は有料。 同市は今年、商店街空きスペースの利活用として就労セン… もっと読む »


北九州‐那覇線を冬季も就航 スターフライヤー

2カ月間 ㈱スターフライヤー(北九州市小倉南区空港北町、松石禎己社長)は来年2月から、北九州‐那覇線の冬季限定便を運航する。 今年7月から夏季便を運航しているが、冬季もプロ野球のキャンプシーズンや春休みで需要があると判断した。運航期間は2月8日から3月24日で、一日1往復。今後の利用状況などを踏まえて定期便として運航するかを検討する。北九州発着の沖縄路線は、季節便として運航したスカイマーク以来5年… もっと読む »


もじ少年自然の家指定管理業者を募集 北九州市

指定期間は2023年3月まで 北九州市は8月8日、市立もじ少年自然の家(同市門司区喜多久)指定管理業者の募集を始めた。 同施設管理業務の契約満了に伴うもので、同市が指定管理者制度導入して4期目の導入となる。指定管理期間は来年4月1日〜2023年3月31日までの5年間。敷地面積は2万9230㎡で、うち建物面積は3565㎡。主な施設は体育館および研修室、宿泊室、食堂など。対象業者は募集説明会に参加した… もっと読む »


好決算けん引する不動産事業 九州旅客鉄道・青柳社長

海外事務所は2カ国目 九州旅客鉄道㈱(福岡市博多区博多駅前3丁目)の青柳俊彦社長は8月2日、本誌インタビューに応じ、17年3月期の好決算の要因や好調な不動産事業の域外展開などを語った。 主なやり取りは次の通り。 —17年3月期決算について。  青柳 売上高が前年比1・3%増の3829億1200万円、経常利益が同89・1%増の605億6500万円で増収増益。昨年に引き続き収支ともに過去最高だった。上… もっと読む »


1 / 2,44912345...102030...最後 »