NEWS

古賀市に5階建て賃貸マンションを建設 パースペクティブRE

自社収益物件8戸目 賃貸住宅の開発、管理業のパースペクティブ・アール・イー合同会社(糟屋郡志免町南里7丁目、野中周二代表)は2021年1月完成を目指し、古賀市花見東6丁目に5階建て賃貸マンションを建設する。 同社8件目の自社収益物件で、着工は来夏を予定している。敷地面積は760㎡。建物は鉄筋コンクリート造。5階建てで、延べ床面積は1100㎡。戸数と間取りは2LDKが10戸、1LDKが10戸の計20… もっと読む »


売上高は2・1%減の361億円 ムーンスター

ジュニア、紳士・婦人向けが伸び悩み 大手ゴム靴メーカーの㈱ムーンスター(久留米市、猪山渡社長)の2019年6月期決算は、売上高が前年同期比2・1%減の361億7800万円、経常利益が24・6%減の2億3300万円の減収減益だった。 履物業界では異業種・業態の参入やeコマースによる消費動向の変化に加え、自然災害や天候の影響も受け厳しい経営環境となっており、同社でも主力のこども・ジュニア向けや紳士・夫… もっと読む »


広島市東区にIT技術活用の宿泊施設 リクリエ

中部地方初進出 ホテルの企画や民泊運営・管理代l行業の㈱リクリエ(福岡市博多区博多駅前4丁目、中西孝行社長)は11月8日、広島市東区愛宕町にITを活用した宿泊施設「GRAND BASE HIROSHIMAEKIMAE(グランドベース 広島駅前)」をオープンする。19棟目。 中部地方での初案件として手掛けたもの。場所は広島東区役所の北東側。建物は重量鉄骨造りの4階建てのアパートタイプ。客室は5人収容… もっと読む »


送風機能搭載のヘアアイロン クレイツ

全国の家電量販店で販売 美容機器メーカーの㈱クレイツ(福岡市南区長丘3丁目、貝塚和敏社長)は10月18日、送風機能搭載のヘアアイロンを発売した。 製品名は「クレイツイオンⓇエアスリークカールアイロンCIAI-BC02W」。送風機能を搭載し、熱によって形状を変えた髪の毛を冷ますことで長時間のヘアスタイルキープを可能にしたという。また、背面から風が出ているため使用中の火傷防止にもつながる。通常の32㎜… もっと読む »


温泉モニタリングの共同試験を開始 西日本技術開発

地熱資源をAIで分析 九州電力の子会社で電力整備などのエンジニアリングを手がける西日本技術開発㈱(福岡市中央区渡辺通1丁目、中村明社長)は10月、NEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)らと地熱発電の共同試験を開始した。 大分県別府市で温泉モニタリングシステムの実証試験を実施する。同システムは、温泉に設置したモニタリング装置から温泉水の流量や温度などを集計し、人工知能で分析。… もっと読む »


博多区祇園町に計196室のホテル2棟開業 小田急電鉄

22年春に福岡市内初進出 小田急電鉄㈱(東京都新宿区、星野晃司社長)は10月3日、福岡市博多区祇園町で2022年春の開業を目指しホテル2棟を建設すると発表した。福岡市内でのホテル開発は初めて。 今回建設する2棟のホテルは、14階建て延べ床面積4892㎡の宿泊特化型(165室)と、10階建て延べ床面積1470㎡のコンドミニアム型(31室)のホテル。場所は、国体道路沿い。宗教法人善照寺が所有するビルの… もっと読む »


豪州のMiller Ishizawa社と業務提携 三井松島ホールディングス

世界的脱炭素社会への対応策で 石炭生産販売三井松島ホールディングス㈱(福岡市中央区大手門1丁目、天野常雄社長)は10月16日、前豪州駐日大使のブルース・ミラー氏が経営するMiller Ishizawa Consulting Pty Ltd社(豪州)とアドバイザリー業務委託契約を締結した。 世界規模での環境保護意識の高まりを背景とした脱炭素社会への取り組み、石炭相場や為替相場の変動など、国際的な環境… もっと読む »


JF糸島に8千万円のカキ小屋建設資金融資  日本政策金融公庫福岡支店

福岡信漁連と連携 ㈱日本政策金融公庫福岡支店(福岡市博多区博多駅前3丁目、中谷正一支店長)農林水産事業は10月21日、糸島漁業協同組合(糸島市志摩岐志、仲西利弘代表理事組合長:以下、JF糸島)に対し、設備資金8千万円の融資を実施したことを明らかにした。 これは今年5月、JF糸島敷地内に常設のカキ小屋建設計画に伴い、福岡県信用漁業協同組合連合会(福岡市中央区舞鶴2丁目、村上雄治代表理事会長:以下、福… もっと読む »


中央区赤坂1丁目に本社移転 comam

人員増により 省エネ機器販売・機器施工及びメンテナンスの㈱comam(山下将仁社長)は8月26日、本社事務所を中央区清川3丁目から赤坂1丁目に移転した。 場所は福岡市地下鉄赤坂駅西側の「赤坂ウィングビル」7階。営業の人数が増加し手狭になったことが主な理由。事務所面積は前事務所と比べて約5倍の210㎡。設備面では応接室を2つに増やし、会議室を設けた。 山下社長は「今回の移転を機に気持ちを新たにし、社… もっと読む »


敷地内に4階建て新庁舎を建設 築上町

総事業費は36億5千万円 築上町(新川久三町長)は現在、同町椎田に4階建て新庁舎を建設している。完成は2021年3月下旬の予定で、総事業費は36億5千万円。 現庁舎が築56年と老朽化していることに加え、2006年の2町合併に伴う行政事務の拡大の影響で、事務室および会議室などが手狭になるなど庁舎としての機能低下や住民の利便性の低下が懸念され、早期の新庁舎建設が望まれていた。場所は現庁舎敷地内、現庁舎… もっと読む »