NEWS

博多駅地下に総合美容サロン 東京のボディワークホールディングス

週刊経済2021年6月8日発行 県内初出店 リラクゼーション業務サポートなどの㈱ボディワークホールディングス(東京都中野区東中野2丁目、清水秀文社長)は4月16日「アミュプラザ博多」(福岡市博多区博多駅中央街)地下1階に総合美容サロンをオープンした。 店舗名は「Total Therapy(トータルセラピー)」。県内初出店。場所は「アミュプラザ博多」地下1階の「マクドナルド」斜向かい。店舗面積は66… もっと読む »


横浜市に一枚板家具専門ブランドの直営店 関家具

週刊経済2021年6月8日発行 全国11店舗目 家具メーカーの㈱関家具(大川市幡保、関文彦社長)は6月5日、横浜市中区に一枚板家具専門ブランド「アトリエ木馬」の直営店をオープンした。 名称は「アトリエ木馬 横浜ギャラリー」。アトリエ木馬の直営店としては全国11店舗目、関東では5店舗目となる。国内外の銘木の一枚板のほか、レジンなど異素材と一枚板を組み合わせた「IDEA(イデア)」シリーズも展示する。… もっと読む »


新作の博多織展で2作品受賞 はかた匠工芸

週刊経済2021年6月8日発行 「国土交通大臣賞」など 博多帯を製造、販売する㈱はかた匠工芸(大野城市仲畑2丁目、安川明夫社長)はこのほど、「第64回 新作博多織展」で受賞した。 福岡市、福岡市伝統的工芸品振興委員会が取材する新作博多織展で、3位の「国土交通大臣賞」と4位の「中小企業庁長賞」の2つを受賞。受賞した作品は、帯のなかでも格式が高いとされ、表地と裏地に異なる2枚の生地を袋状に縫い合わせて… もっと読む »


八女市本町に9階建て分譲マンション トラスト不動産開発

週刊経済2021年6月8日発行 完成予定は22年8月 トラストホールディングス㈱(福岡市博多区博多駅南5丁目、喜久田匡宏社長)傘下のトラスト不動産開発㈱(同区博多駅南5丁目、早川雄二社長)は、八女市本町に9階建て分譲マンションを建設する。完成予定は2022年8月。 場所は市立福島小学校北東側。名称は「(仮称)トラスト八女マンションプロジェクト」。敷地面積は1502㎡、鉄筋コンクリート造りで建築面積… もっと読む »


定額制動画配信のNetflixと業務提携 QTnet

週刊経済2021年6月8日発行 6月1日から新ブラン提供開始 九電グループの情報通信事業会社、㈱QTnet(福岡市中央区天神1丁目、岩﨑和人社長)は、世界的な定額制動画配信サービスのNetflix(日本法人・東京都港区)と業務提携し、提供する光インターネットサービス「BBIQ」でNetflixをリーズナブルに楽しめる新プランの提供を6月1日から開始した。 コロナ禍で「おうち時間の快適性」を重視する… もっと読む »


65歳以上は141・5万人で高齢化率27・7% 県高齢者人口

週刊経済2021年6月8日発行 前期比0・3%増 福岡県内の65歳以上の高齢者は今年4月1日現在で141万5506人に達し、総人口に占める高齢化率は27・7%で、前年に比べ0・3ポイント上昇した。 県保健医療介護部高齢者地域包括ケア推進課が住民基本台帳などを基に集計したもので、高齢者は前年に比べて1万4078人増加した。高齢化率が最も高かった市町村は前年と同じ東峰村の44・9%で、前年に比べ1・3… もっと読む »


中央区赤坂1丁目に美容クリニック 同区在住の坂本昂司さん

週刊経済2021年6月8日発行 男性の利用も可 福岡市中央区在住の坂本昂司(たかし)さんは4月20日、福岡市中央区赤坂1丁目に美容クリニックを開業した。 美容業界が多く進出し市場規模が高まる県内で顧客開拓を狙うもの。名称は「Luxe(リュクス) Beauty Clinic」。場所は大正通交差点南側の赤坂門AIビル3階の1フロアで、延床面積は198㎡。施術メニューは、脱毛(男性口ひげ、あご、あご下1… もっと読む »


西区北原1丁目に営業所 ロハス・ライフ

週刊経済2021年6月8日発行 糸島エリアの土地仕入れ強化 太陽光発電事業のロハス・ライフ㈱(福岡市早良区百道浜4丁目、井手口浩士社長)は7月1日、西区北原1丁目に営業所を開設する。同社2拠点目。 不動産・土地活用事業の営業機能を集約し、糸島エリアにおける土地の仕入れを強化する。またこのほど開始した太陽光発電システム搭載のオフグリッド(電力会社の送電網につながっていない状態)トレーラーハウス販売事… もっと読む »


大牟田エコタウン内の部品供給拠点は7月にも完成  日立ハイテク九州

週刊経済2021年6月8日発行 8月から事業開 ㈱日立ハイテクの子会社で医用分析装置、バイオ関連機器や消耗品などの開発、設計、製造の㈱日立ハイテク九州(大牟田市手鎌、稲野辺剛社長)が、同市健老町に建設中の部品供給拠点・新ロジスティック棟は7月にも完成し、8月から事業を開始する。 新ロジスティック棟はサプライチェーン全体の機能強化を目的に、総投資額9億円をかけて佐賀県鳥栖市の供給拠点を全面移転するも… もっと読む »


学生、教職員を対象にPCR検査受検を推進 中村産業学園

週刊経済2021年6月8日発行 全額または上限1万円を補助 九州産業大学および同大学造形短期大学部を運営する学校法人中村産業学園(福岡市東区松香台2丁目、津上賢治理事長)は5月25日、九州産業大学(同、北島己佐吉学長)と同大学造形短期大学部(同、小田部黃太学長)の学生(大学院生、研究生を含む)、教職員を対象としたPCR検査の受検を推進することを明らかにした。 新型コロナウイルス感染症の早期発見と感… もっと読む »