INTERVIEW

ソラリアプラザに体験型のオーダースーツ店/FABRIC TOKYO

アパレル業、ビジネスウェアのECサービスを手掛ける(株)FABRIC TOKYO(東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目、森 雄一郎社長)は2月19日、ソラリアプラザ(福岡市中央区天神2丁目)1階にオーダースーツ店をオープンした。同社のオーダースーツ店は2014年のブランドリリースから東京、名古屋、大阪で出店。今回が九州初進出で、19店舗目。   D2Cモデルで展開、スマホで注文可能なオーダースーツ… もっと読む »


  • 天神ビッグバン

大型再開発に伴い天神ビブレ44年の歴史に幕

若者のトレンド発信拠点として長年多くの人々に親しまれた天神ビブレ(福岡市中央区天神1丁目)が2月11日、44年の歴史に幕を降ろした。 大型再開発・天神ビッグバンの中核「福ビル街区建替プロジェクト」に伴い閉館することになった。天神ビブレは1979年11月に「ニチイ天神ショッピングデパート」として開業。その後、82年3月に若者向けファッションビル「天神ビブレ」に業態変換。主に若年層向けのアパレル、サブ… もっと読む »


  • 天神ビッグバン

再開発中も天神のにぎわい継続へ、官民組織発足

天神の商業者や企業、地域団体などで構成するWe Love天神協議会(会長法人:新天町商店街商業共同組合)は2月10日、「天神ビッグバン賑わい創出プロジェクトチーム」を発足した。 チームはWe Love天神協議会のほかに、天神地区の商業施設で構成する都心界(会長法人:㈱岩田屋三越)、西日本鉄道㈱、福岡地所㈱、三菱地所㈱、福岡地下街開発㈱、新天町商店街商業共同組合、福岡市で構成。市主導の再開発促進事業… もっと読む »


  • FGN
  • スタートアップ

FGNが日経主催コンテストで最優秀賞

福岡市(高島宗一郎市長)や民間3社が運営する官民協働のスタートアップ支援施設・フクオカグロースネクスト (=FGN、福岡市中央区大名2丁目、内田雄一郎事務局長)は、日本経済新聞社が毎年1回、その年に誕生した優れた新製品やサービスを選出する「日経優秀製品・サービス賞」で、「日経産業新聞・最優秀賞」に選ばれた。2019年は230を超える候補から36のサービスなどが選ばれている。   &nbs… もっと読む »


「部活の次、何する?」体育会系新卒採用の現状とは/イコールワンHD・安田錦之助社長に聞く

2021年卒採用が今年も多くの企業で始まろうとしている。不動産事業やアスリートのキャリアサポート事業などを手掛ける(株)イコールワンホールディングス(神奈川県、安田錦之助社長)では2月17日、エルガーラホール(福岡市中央区)で体育会系就活生と、地場企業のマッチングイベント「ブカツのツギナニスル」を開催。長年競技を通じ努力を積み重ねてきた「体育会系人材」には毎年多くの企業から熱い視線が送られているが… もっと読む »


2020年新春賀詞交歓会、今年の抱負は・・?

福岡市内各所で恒例の新年賀詞交換会が開かれているこの頃。 当誌でも毎年各所で開かれている新年賀詞交換会を取材。1月6日(月)には、西日本シティ銀行(福岡市博多区、谷川浩道頭取)の新年賀詞交歓会が開かれた。 そこで、参加する地元財政界トップを中心に2020年の抱負をスケッチブックに「書き初め(?)」をしてもらうことに。その一部を紹介する。         &n… もっと読む »


  • 天神ビッグバン

3月末閉館の天神コア、44年を締めくくるグランドフィナーレへ

福ビル街区の建て替えプロジェクトに伴って、2020年3月31日(火)に閉館する天神コア(福岡市中央区天神1丁目)では12月26日から、開業からの歴史やファッショントレンドを振り返る展示会「コア44年の思い出プレイバック」を開催している。 会場の4階エスカレーターそば・パティオでは、開業からの歴史を刻んだ年表のほか、44年のファッショントレンドを再現したパネルを展示。 天神コアの歴史に関わってきたキ… もっと読む »


福岡産小型SAR衛星が初めて宇宙へ

  小型人工衛星の研究開発を手掛ける㈱QPS研究所(福岡市中央区、大西俊輔社長)は12月11日、小型SAR衛星「イザナギ」をインドのサティシュ・ダワン宇宙センターから初めて打ち上げた。   同社は「SAR」という、合成開口レーダーを用いることで昼夜問わず衛星から地球上の写真を撮ることができる「SAR衛星」を開発。このSAR衛星を、将来的に36機飛ばし、宇宙から地球上の出来事をリ… もっと読む »


5G時代に向け、「 FUKUOKA 5G Vision2021」始動

  福岡市(高島宗一郎市長)は12月2日、市の官民協働スタートアップ支援施設「フクオカグロースネクスト」(=FGN)内を、来春から本格商用化が予定される次世代通信規格「5G」を使った新サービス開発拠点「5Gラボ」として開設した。NTTドコモ九州支社(同市中央区渡辺通2丁目、山崎拓支社長)が基地局をFGN内に新設しサポートしている。 次世代通信5G推進へ「FUKUOKA 5G Vision… もっと読む »


九州のAI人材確保へ、 アイシン精機が来春博多区に研究開発新拠点

  トヨタグループの大手自動車部品メーカー・アイシン精機(株)(愛知県、伊勢清貴社長)が来年5月、人工知能(AI)に特化した研究開発拠点を福岡市博多区博多駅前1丁目で開設することを発表し、12月5日、立地協定締結式を開いた。 新拠点となるのは、来年春開業予定のオフィスビル「九勧承天寺通りビル」5階内。今回の新拠点では、AIを活用した画像解析による車両の周辺監視や、乗員状態推定を行うソフト… もっと読む »