COMPANY

NEW TOPICS

-新着情報-

  • 青森県の八洲陸…

    東北売上高40億円へ 貨物運送、倉庫業の福岡運輸㈱を傘下に持つ㈱福岡…

    more
  • 兵庫県と神奈川…

    将来の倉庫予定地として 貨物運送、倉庫業の福岡運輸㈱を傘下に持つ㈱福…

    more
  • 十数億円かけ新…

    9月19日稼働 ㈱福岡運輸ホールディングス(福岡市博多区空港前2丁目…

    more
最新情報一覧を見る

全国で拠点整備加速、自社IT技術で業務改善の先進例も

 (写真)鹿児島県志布志市に21年度開設予定の物流施設完成予想図

地場運送大手の福岡運輸㈱など㈱福岡運輸ホールディングスのグループ各社が拠点整備を進めている。
昨年7月に福岡運輸が埼玉県に「鶴ヶ島配送センター」をオープン。同月には福岡運輸システムネット㈱も神奈川県に厚木営業所を開設した。
今年6月には北九州市の門司港に倉庫が新設され、上記2社と、同じくグループの㈲菅原運送が利用する。富永社長は「3社同時利用は新しい試みで、グループのシナジー発揮に期待する」と語る。
また、今年春には鹿児島県志布志市と大崎町にまたがる約1万9,000㎡に物流施設を着工。2021年度に向けての完成が予定されている。
拠点整備とともに、同社が進めているのが自社開発のITシステムによる労働環境の改善だ。
昨年1月に、「バース予約・受付システム」を東京支店と福岡支店で稼働。同時に、グループのトラック車両が増える中で、車両管理システムも更新した。これには「効率化を目標に、グループ各社が同じ方向に向くため」(富永社長)の狙いもある。「バース予約・受付システム」はまた、トラックの待機時間が大きく削減されるものとして、九州運輸局から表彰された。東京支店と福岡支店では昨秋から受注業務において、AIを使用した画像認識と自動入力のシステムも稼働しており、今年度、さらに高いレベルでの活用を目指す。

「物流業は社会に必要とされている仕事」

人手不足や法改正による「標準的な運賃」の導入など転換点を迎える業界にあって、変わらないのは富永社長の「物流業は社会に必要とされている仕事だ」という強い思い。特に同社は昭和33年に日本で初めて冷凍輸送車を走らせ、その後の食品物流の先駆けとなった歴史を持つ。以来、食品を主に扱うため、生活になくてはならない役目を背負う。富永社長は「我々の仕事をまずは知ってもらい、正しく理解してもらうこと。ここにも力を注ぎたい」と意気込んだ。

「物流業は社会に必要な仕事」と訴える同社広告看板。福岡空港に設置されている

 

採用情報
募集職種/事務職、作業職、乗務職
採用実績/2020年度32人
採用予定/30人
インターンシップ/秋予定
年間休日/105日
問合せ先/TEL.092-627-2211
担  当/高坂

(ふくおか経済EX2020年)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
(株)福岡運輸ホールディングス (カ)フクオカウンユホールディングス)
代表者名
富永 泰輔
所在地
〒812-0002 福岡市博多区空港前2-2-26 [MAP]
TEL
092-627-2211
企業ホームページ
http://www.fukuokaunyu.co.jp/holdings/
設立
2006年10月
創業
1943年12月
資本金
1億円
従業員数
約1,200人(グループ)