COMPANY

NEW TOPICS

-新着情報-

  • 長崎県諫早市に…

    週刊経済2021年4月13日発行 敷地1・5万㎡、来年4月完成予定 貨物運送…

    more
  • 大阪府茨木市に…

    総投資額70億円超 ㈱福岡運輸ホールディングス(福岡市博多区空港前2…

    more
  • 鹿児島県に自動…

    来年9月完成予定 ㈱福岡運輸ホールディングス(福岡市博多区空港前2丁…

    more
  • 青森県の八洲陸…

    東北売上高40億円へ 貨物運送、倉庫業の福岡運輸㈱を傘下に持つ㈱福岡…

    more
最新情報一覧を見る

直近2年で設備投資に200億円

来年4月完成予定の「大阪茨木物流センター」パース

 日本で初めて冷凍輸送車を走らせた地場運送大手の福岡運輸㈱など束ねる㈱福岡運輸ホールディングスは、この2年で200億円規模の設備投資を進めている。
昨年6月の北九州営業所新設移転を皮切りに、今年3月の「福岡アイランドシティ配送センター」(福岡市)、9月の「南九州物流センター」(鹿児島県志布志市)、来年4月の「大阪茨木物流センター」と、新規開設が続く。中でも「大阪茨木物流センター」は70億円超を投じるグループ最大級の冷凍冷蔵倉庫だ。設備投資は今後も長崎県諫早市、札幌エリア、中京エリア、関東と続き、「今後5年間で最大8カ所を計画。当社でも過去にないスピードだ」(富永泰輔社長)という。加えて、物流総合効率化法でCO2削減が期待される福岡アイランド―、フロンを使わない自然冷媒を採用する大阪茨木―など、環境面にも配慮する。
一方、投資が同時進行で進むた め、新規採用による人員拡充にも力を入れる考えだ。また、富永社長が「成長戦略の大きな選択肢のひとつ」とするM&Aについては、今年1月に、千葉県船橋市の運送会社㈱オー・ ケー・ラインを、加えて3月には神 奈川県の運送会社をグループ化した ばかりだ。
コロナ禍で、生活に密着する定温食品物流を主業務とする同社グループにおいても、傘下企業が売り上げを下げた。落ち込み幅は数%だったが、それでもかつてない事態だったという。ただ同時に、コロナ禍は、物流が“止めることができない生活インフラ”という社会的認識の再発見にもつながった。それは富永社長がかねてから訴えている「物流業は社会に必要とされている仕事だ」という思いと全く一致する。社会に求められている業務として、今後も安定性向上のために、攻めの投資とM&A、人材確保を図る。

日本で最初に走った同社の冷凍輸送車

 

採用情報
募集職種/事務職、作業職、乗務職
採用実績/2021年度19人(事務職)
採用予定/20人
インターンシップ/秋予定
年間休日/105日
問合せ先/TEL.092-627-2211
担  当/高坂

(ふくおか経済EX2021年)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
(株)福岡運輸ホールディングス (カ)フクオカウンユホールディングス)
代表者名
富永 泰輔
所在地
〒812-0002 福岡市博多区空港前2-2-26 [MAP]
TEL
092-627-2211
企業ホームページ
http://www.fukuokaunyu.co.jp/holdings/
設立
2006年10月
創業
1943年12月
資本金
1億円
従業員数
約1,250人(グループ)