INTERVIEW

    九州のAI人材確保へ、 アイシン精機が来春博多区に研究開発新拠点


     

    トヨタグループの大手自動車部品メーカー・アイシン精機(株)(愛知県、伊勢清貴社長)が来年5月、人工知能(AI)に特化した研究開発拠点を福岡市博多区博多駅前1丁目で開設することを発表し、12月5日、立地協定締結式を開いた。
    新拠点となるのは、来年春開業予定のオフィスビル「九勧承天寺通りビル」5階内。今回の新拠点では、AIを活用した画像解析による車両の周辺監視や、乗員状態推定を行うソフトウェア、生産技術向上につながるソフトウェアの開発を担う。

     締結式には伊勢社長のほか、小川県知事と梶山福岡県産業・科学技能振興財団理事長らが出席。

     

     

     

              伊勢・アイシン精機社長を囲み、梶山理事長(左)と小川知事(右)

     伊勢社長は「IT技術の中で最も高度な技術が必要なAI。各産業がその人材を欲しがる中、日本では人材が足りていない。人材確保が厳しい環境の中、当社は福岡に活路を求めた」と新拠点開設の背景を語り、「福岡は高水準の技術を身につけた理工系学生を相次いで輩出している。素養のある人材を東京だけでなく九州からも確保したい」と期待を込めた。
    小川知事は「アジアに近く、関東、中部からのアクセス面も評価いただき感謝している」と歓迎の言葉を述べ、梶山理事長は「ソフトウェアやAIの開発は米、中に比べ日本は遅れている。これを機に当財団は産業発展のため深く関わらせていただきたい」と、かつてないスピードで進化するIT技術へ協力を惜しまない姿勢を見せた。

    同社は2014年に北九州学術研究都市技術開発交流センター内に「九州開発センター」を設立。その後、15年に東京都港区に「台場開発センター」を開設し、AIによるアルゴリズム開発とそれを実現するハードウェアの開発を担っている。 【金縄洋右】