COMPANY

人と人との温もりを大切にした暮らしの総合サービスを提供

全国75万戸の住居に24時間365日、緊急駆け付けサービス「くらしーど24」等を提供する㈱シード・コーポレーション。コールセンターの開設、新拠点開設など年々事業規模を拡大し続けている中、人と人との温もりにこだわった、入居者へ心の拠り所となるサービスを日本中に届けている。

24時間365日緊急駆け付けサービスを全国で展開

全国75万戸の住居に24時間365日、緊急駆付けサービスを提供。主力商品の「くらしーど24」は、部屋内の水漏れ・鍵の紛失・ガラスの破損などの暮らしのトラブルから、健康・育児・介護の相談サポート、多様な補助金制度まで設けており、入居者の暮らしに快適さと安心を届けている。また、近年増加する外国人入居者に向けても、英語、中国語、韓国語などの主要言語に加えて、昨年末にはミャンマー語やクメール語(カンボジア)対応を開始し、全17言語まで拡大。さらに、耳の不自由な入居者にも配慮し、インターネット回線を通じたテレビ電話サービスを利用し、手話で応答している。ほかにも入居者向けサービスとして、暮らしの安心、安全を届ける「あんしーど24」なども揃えており、「温もりあるつながりを、日本中に。」の企業理念の下、全国3,100社3,500店舗の不動産管理・仲介会社を通じてサービスを展開中だ。他方、不動産管理会社に代わって24時間365日入居者からの電話代行を行う「トラブルないないデスク」など法人向けサービスも充実している。
そして、同社サービスを導入する不動産会社に向けては、入電・出動内容をリアルタイムに報告するWEB管理システム「でんワンSYSTEM」を提供。入居者からの入電、出動状況を閲覧、検索、分析までできるシステムで、導入企業の業務効率化から、物件オーナーへのアフタフォローまでサポートしている。

システムリニューアルでさらなる顧客サービス向上へ

現在、さらなる品質向上に向けて、業務管理、経理、コールセンターなどの社内システムの大幅リニューアルを実施中。特に不動産会社とのやりとりをAIや音声認識を駆使し、より迅速な対応に繋げる。
そのほか、住居の修繕などを行うパートナー企業との連携強化を図るため、業務連絡の円滑化、明確化するアプリケーションの開発も進めており、鈴木順子社長は「利便性を向上させる最新技術と、人と人の関わりを大切にするという2つを融合した独自サービスを確立したい」と意気込む。

コールセンター増強や、新規拠点開設で業務拡大図る

同社商品に加入する入居者の住まいに関する相談、悩みを迅速に解決する体制を整備するため、昨年6月には本社内にコールセンターを開設し、電話応対業務を外部委託から一部内製化。現在、設備周りや不動産業界の基礎知識を学んだ専属オペレーター20人が従事している。鈴木社長は「入居者と接点を設けることで、新たな需要を掴み、的確にフィードバックして、商品開発に生かしたい」と内製化の目的を語る。今後は、増え続ける入居者需要に対応するため、増員を計画しており、それに伴うコールセンターの増床も予定している。
2月には業務拡大により大阪オフィスを移転したほか、今夏をめどに東海エリアで増え続ける顧客フォロー、および新規開拓を進めるため、名古屋オフィスの開設を予定するなど、事業拡大を進めるシード・コーポレーション。07年に四畳半一間のオフィスに会社を立ち上げて12年。企業規模が大きくなり、増員しても当時から大切にしてきたのは「正直・素直・責任感」。「これからも真面目にコツコツと事業に真摯に取り組みたい」と語る鈴木社長を先頭に、人と人との温もりにこだわりながら、入居者へ心の拠り所となるサービスをこれからも提供し続ける。

鈴木 順子 社長
すずき・じゅんこ/福岡市出身。1978年12月1日生まれ。九州産業大学卒。趣味はマリンスポーツ、スノーボード、ゴルフ

 

採用情報
募集職種/総合職(営業)、一般職(事務)、コールセンターオペレーター職
応募資格/全学部全学科
採用実績/2019年度4人
採用予定/6~10人(中途採用あり、随時採用)
年間休日/120日
問合せ先/TEL.092-532-4010
担  当/堤、中馬、永山

(ふくおか経済EX2019年)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
(株)シード・コーポレーション (カ)シードコーポレーション)
代表者名
鈴木 順子
所在地
〒810-0022 福岡市中央区薬院3-11-32 ジートラスト薬院2F [MAP]
TEL
092-532-4010
企業ホームページ
https://seed24.jp/
設立
2007年4月
創業
資本金
1,200万円
従業員数
50人