COMPANY

全世代に向けたスポーツサービスの拡充でさらなる飛躍へ

「ココロに体力を。」をコンセプトに、技術だけでなく子ども達の非認知能力向上を理念としたスポーツスクールで注目を集めるリーフラス㈱。さらなる飛躍に向けた新たなビジネスモデルとして小学校体育授業や高齢者運動、中学校の部活動指導受託に着手し、全世代に向けたスポーツサービス拡充に取り組んでいく。

新たなビジネスモデルとして、部活動指導受託を本格化

「日本のスポーツを変え、デザインする」という目標を掲げ、スポーツを通したソーシャルビジネスで成長を続けるリーフラス㈱。昨春にはテレビ東京系列の人気番組「カンブリア宮殿」に出演し、独自のビジネスモデルと教育理念に対して全国から大きな反響を得た。全国で展開するスポーツスクールは会員数4万5000人を突破し、現在のサッカー、野球、空手などの10種目に加えて、常に新たな種目のスクール開設も考案されており、さらなる拡大が見込まれている。

創業から16年目を迎え、その成長力は「リーフラスの奇跡」と称されるほどだが、「さらなる発展には第2、第3の柱となる事業が必要となる」とし、17年度からは新たなビジネスモデルとして中学校の部活動指導受託に本格参入していく。企業CSRの形で協力や支援を募り、自治体予算だけに頼りきりにならない革新的なリーフラスモデルとして市場開拓を進めていく方針だ。

「これまでの中学部活動は未経験競技の顧問となって教師が指導に困り、適切な指導ができていないケースが半数を占め、それにより子ども達が怪我をする危険性が大きいなど問題が多かった」と説明する通り、これまでも中学部活動に対して専門的指導の必要性を提言してきた。これを受けて、16年末に「スポーツ専門指導員(仮称)」を国家資格化し、外部専門指導者の導入に向けた動きが始まっている。引退したプロアスリートのセカンドキャリアの受け皿やスポーツ振興、教師の負担軽減や指導の品質向上などさまざまな面でメリットがあり、導入への期待が膨らんでいる。スポーツ指導サービスのプロフェッショナルとして、同社に求められる役割も大きく、継続的な指導実現を重視したビジネスの形をつくりあげていく。

スクールは子ども達一人ひとりが主役。思いやりやリーダーシップなど人間性の育成を重視している

職場環境の整備で社員の幸福度を向上

企業の成長に不可欠である人材面においても、新卒採用が売り手市場と言われる中、毎年1万人を超えるエントリー数を誇る。そこから一切妥協することなく厳選した人材を確保していることが、圧倒的な成長要因のひとつと言えるだろう。また、週40時間の勤務時間をそれぞれの家庭のライフスタイルに適した形で配分し、働き方をデザインする仕組みや、子どもの学校行事などに参加するために有給休暇を取得した際には「子供行事参加手当」を支給する制度を導入するなど、家族との時間を重視した体制を推進することで、健全な職場環境の整備とともに社員のモチベーションと幸福度の向上につなげている。

2020年の東京オリンピックに向けて、スポーツに対する注目度はさらに高まることが予想される。その中で、スポーツを通したソーシャルビジネスのリーディングカンパニーとして「日本のスポーツを変え、デザインする」という使命、そして株式公開という目標に向かって躍進していく。

伊藤清隆 社長
いとう・きよたか/愛知県出身、1963年11月21日生まれの53歳、琉球大学教育学部卒。趣味はスポーツと読書。著書に「百%正社員主義」、「イマドキの『部活動』」。座右の銘は「我以外皆我師」

[CHECK]

障がい者アスリート支援にも積極的で、ロンドンパラリンピックで金メダルを獲得した安達阿記子選手も在籍

(ふくおか経済EX 2017より)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
リーフラス(株) (リーフラス(カ)
代表者名
所在地
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー10F [MAP]
TEL
03-6451-1341
企業ホームページ
http://www.leifras.co.jp/
設立
2001年8月
創業
資本金
1億円
従業員数
608人