COMPANY

ゴルフ場経営のスペシャリスト
業界への貢献活動も強化

ゴルフ場のシステム開発業のトップランナー。業界に先駆けて、一括管理型のゴルフ場総合管理システムやキャディ不足に対応したiPadカートナビの自社開発を実現。無人化のゴルフ場運営計画も進行中だ。近年ではチャレンジツアーを中心に活躍するプロゴルファーとのスポンサー契約を結ぶなど、業界の下支えにも取り組む。

業界初のiPadカートナビ開発

ゴルフ場経営の業務効率化のスペシャリストとして、業界では草分け的な存在として全国に知名度を誇るアイシグリーンシステム㈱。創業以来、自社開発に特化する中で得た実績を生かし、近年では無線機不要のクラウド型カートナビ「iPadナビ アイゴルフシェイパー」の開発、導入に力を注いでいる。ゴルフ場在籍のキャディ不足に対応するもので、「現段階では業界初の開発」(石下社長)という。このサービスは、場内の移動カートにiPadを設置し、コース案内やGPSを使った正確な距離測定、プレイの時間管理、スコアランキング機能を持つほか、ランチメニューの表示なども可能にする。「24時間受け付けの利用者目線の保守サポートやゴルフ場の個別ニーズに応えるべく、現在に至るまで無償バージョンアップで対応している」と強調。現在では全国約200コースに導入し、25年までに3倍以上の導入数を目指す考えだ。

ゴルフ場の無人化システムへの挑戦

1996年、石下社長が勤務していたシステム開発会社から、ゴルフ場26コースの会計業務などの基幹システム開発事業を引き継ぐ形でスタートを切った同社。90年代、業界に先駆けてWeb管理にも着目。受け付けやチェックイン、予約確認など顧客・会員管理の基本機能に加えて、プレー代金や未収金の把握、場内レストランの注文などのオプション機能も搭載した一括管理型のゴルフ場総合管理システムを実現。多くのゴルフ場の経営者がスタッフ不足に頭を悩ませるなか、好評の声が寄せられている。「全国300コース、県内コース60カ所のうち、約40カ所に導入中。iPadカートナビシステムとの完全連動も強みとし、業務の効率化を一層推進できる」と話す石下社長。自社システムを導入した無人化のゴルフ場運営の計画も進行している。

(写真上)アイシグリーンシステム所属伊藤有志プロ(左)とアイシグリーンシステム所属梅山知宏プロ
(左下)本社/IGSビル
(右下)新社屋/完成予想図(福岡市博多区)

ゴルフ業界貢献への取り組み

その一方で、業界の下支えに取り組む同社。18年6月にチャレンジツアーを中心に活躍するプロゴルファー、梅山知宏選手や伊藤有志選手、諸藤将次選手とのスポンサー契約を結んだ。また、同年から筑紫ヶ丘ゴルフクラブで行われている(一社)日本ゴルフツアー機構が共催するAbemaTVツアーの2部プロトーナメント大会の特別スポンサーを務め、同社の所属選手も出場。好成績を収めているという。大会名は、「iGolfShaper(アイゴルフシェイパー) Challenge in 筑紫ケ丘」。同社が提供するシステム名にちなんだ大会などを通して、若手ゴルファー育成に携わる中、より一層の業界発展に尽力したいとの思いを持つのが石下社長だ。「多くの子どもたちにとってゴルフを憧れのスポーツにすることが、競技人口の拡充につながる」と期待も寄せる。
今年10月には、博多区店屋町で投資額12億円をかけた新社屋の建設がいよいよスタートする。完成予定は21年9月。「福岡市内のシステム会社には、有望なプログラマーやエンジニアが多いと考えている。そうした技術者のノウハウなどを集約した“システムラボ”を設けたい」と石下社長は目を輝かせ、業界のトップランナーとして、さらなる高みを目指す挑戦はこれからも続く。

石下 秀臣 社長
いしげ・ひでおみ/長崎市出身。1945年10月26日生まれの74歳。趣味はゴルフ

 

採用情報
募集職種/①営業職、②プログラマー、③インストラクター
応募資格/高校、専門学校、短大、大学卒
採用実績/2020年度7人
採用予定/3人
年間休日122日
問合せ先/TEL.092-575-4519
担  当/鬼木

(ふくおか経済EX2020年)


会社情報COMPANY PROFILE

会社名
アイシグリーンシステム(株) (アイシグリーンシステム(カ)
代表者名
石下秀臣
所在地
〒816-0814 春日市春日3-69-1 IGSビル [MAP]
TEL
092-575-4519
企業ホームページ
https://icgreensystem.jp
設立
1996年5月
創業
資本金
3,000万円
従業員数
40人