NEWS

  • 地域

NPO法人認可受け施設紹介業務を開始  高齢者住宅情報センター     初年度35件の紹介目指す


 高齢者向けに施設等を紹介する高齢者住宅情報センター(福岡市博多区千代4丁目、前本珠美理事長)は、1月6日に福岡県からNPO法人の認定を受け、正式に業務を開始した。初年度の目標紹介件数は35件。
 同団体は11月から住まい紹介案内所を仮開設しており、NPO法人正式認定を受け本格的に業務を開始した。案内所の名称は「すまいあん」で、場所は地下鉄千代県庁口そばラクレス県庁口1階。店舗面積は73平方mで、接客スペースと事務所を併設する。営業時間は午前10時から午後7時までで、定休日は年末年始。スタッフ数は3人で、今後5人まで増やす計画。責任者のセンター長には、二分茂礼さんが就任した。二分さんは福岡市出身、1980年8月21日生まれの28歳、大原簿記法律専門学校卒、趣味はゴルフ。二分さんは「利用者の視点に立った住宅情報提供を行うため、NPO法人を設立し、活動を展開する。官民をつなぐ住宅情報のネットワーク化を図り、住宅問題に関して高齢者が安心して相談できる場所の提供と、質の高い住宅情報の提供を目指していきたい」と話している。