NEWS

  • 地域

NGNサービスを福岡・北九州でスタート  NTT西日本福岡支店と北九州支店    5日から


 NTT西日本福岡支店(福岡市、小椋敏勝取締役支店長)と同北九州支店(北九州市、増田毅支店長)は、1月5日から福岡市と北九州市で次世代ネットワーク(NGN)を活用した光ブロードバンドサービス「フレッツ光ネクスト」の提供を始めた。
 NGNは既存のIP通信網(地域IP網およびひかり電話)を高度化・大容量化したもので、既存の電話網とは別に構築する。まず市外局番092(福岡都市圏)と093(北九州都市圏)エリアでスタートし、福岡県内の他のエリアへ順次拡大していく。月額利用料(税別)は2600円(マンションで16戸以上の加入)~4300円(戸建)。フレッツ光ネクストは、高いセキュリティ機能を有し、品質確保による高画質の映像配信などが可能で、NTT西日本管内では、20年3月から大阪市でサービス提供している。