NEWS

  • 地域

M&Aのサポートサービスを開始  西岡経営管理事務所    1月から


 経営コンサルティングを手掛ける、西岡経営管理事務所(福岡市中央区天神1丁目、西岡隆代表)は1月から、中小企業に特化したM&Aのサポートサービスを開始した。
 事業計画書作成など、これまで多くの中小企業の経営現場に携わってきた経験を生かして事業拡大するもの。サービス名は「M&Aアドバイザリー」で、経営者に対し、相談から買収・売却先の選定、企業・事業価値評価、条件調整、クロージングまでサポートする。主な対象は事業承継、事業撤退、成長戦略、グループ内再編などの目的を持つ、年商数億円~30億円規模の企業。初回相談無料で、レーマン方式による成功報酬型の料金体系になっている。西岡代表は「基本的には譲渡側の案件を中心に展開する。当事務所がこれまで展開してきた『行動評価マネジメントプログラム』なども活用し、企業・事業価値の向上につなげていきたい」と話している。
 同事務所は2001年4月開設。西岡代表は福岡市博多区古門戸町出身、1960年5月6日生まれの54歳、明治大学商学部産業経営学科卒業後、会計事務所、監査法人、上場企業の経理財務を経て独立。趣味はカラオケ。