NEWS

  • 地域

LINEが博多駅前2丁目に11階社屋  福岡市標識設置報告書    延べ床面積は1万3752平方m


 ふくおか経済・株式会社地域情報センターがまとめた3月15日公表分の福岡市標識設置報告書によると、今回建築予定が報告された建築物は11件だった。(建築主が個人のものは除く、標識設置日・2月14日~2月26日)。
 最も延べ床面積が広いのは、LINE株式会社(東京都渋谷区渋谷2丁目、森川亮社長)
が博多区博多駅前2丁目に建設する地上11階、地下2階建ての事務所等「LINE福岡社屋建設計画」の1万3752平方m。次いで、株式会社ワコーエステート(福岡市中央区今泉2丁目、松原羊一社長)が同区築港本町に建設する13階建ての共同住宅「築港本町マンション(仮称)」の5290平方m。以下、株式会社ランディックアソシエイツ(福岡市博多区中洲5丁目、中山朋幸社長)が同区千代1丁目に建設する11階建ての共同住宅「アソシア半道橋(仮称)」の4950平方mなどが続いた。
 詳細は表の通り。