NEWS

    JR九州が東区水谷2丁目に住宅型有料老人ホーム 福岡市標識設置報告書


    アドヴァン管理サービスが博多駅東に展示場

    ふくおか経済・㈱地域情報センターがまとめた1月1日公表分の福岡市標識設置報告書によると、今回建築予定が報告された建築物は17件だった。(建築主が個人のものは除く、標識設置日・11月29日~12月10日)
    最も延べ床面積が広いのは九州旅客鉄道㈱(福岡市博多区博多駅前3丁目、田中龍治事業開発本部長)が東区水谷2丁目に建設する地上7階建ての住宅型有料老人ホーム「SJR水谷(仮称)」の5200㎡。次いで、アドヴァン管理サービス㈱(東京都渋谷区神宮前4丁目、山形雅二代表)が博多区博多駅東1丁目に建設する地上8階建ての展示場「アドヴァン博多ショールーム(仮称)」の2999㎡、明和地所㈱(東京都渋谷区神泉町、原田英明代表)が博多区下呉服町に建設する15階建て共同住宅「クリオラベルヴィ呉服町Ⅲ(仮称)」の2398㎡となっている。
    表はこちらから。

    2019年1月16日発行