NEWS

  • 地域

HPのテンプレート販売を開始  早良通信    11月からネット受付


 Web制作、Webビジネスに関するコンサルティングサービスを手掛ける早良通信株式会社(福岡市早良区百道浜1丁目、目代達彦社長)は10月1日、Wordpress(ワードプレス:ブログを作成するためのソフトの一種)を利用したホームページのテンプレート販売を開始した。11月から同社ホームページ上での販売受付を開始する見込み。
 ワードプレスは、オープンソースのブログ・CMSプラットフォーム。同社では顧客に合わせてホームページのテンプレートを作成したものを販売する。価格帯は5万9400円。ターゲットは中小企業で、今後、士業向けなど業種に特化したテンプレートも販売していく方針。同社は「ワードプレスを活用することでオーダーメイドに比べて非常に低い価格帯で販売でき、ブログ感覚で情報を更新できる。今後も販売促進に弾みをつけたい」と話している。
 同社は2014年4月設立。資本金は50万円。