NEWS

  • 地域

hitマリナ通り住宅展示場をリニューアル  福岡地所    25社・30棟展示、九州最大級


 地場大手総合デベロッパーの福岡地所株式会社(福岡市博多区住吉1丁目、八木聖二社長)運営の「hitマリナ通り住宅展示場」(主催・西日本新聞社、RKB毎日放送、同西区愛宕4丁目)が4月26日、リニューアルオープンした。
 1990年のオープン以来、「hitよかトピア通り西住宅展示場」として営業してきたが、昨年夏からほとんどのモデルハウスを一時閉鎖し、施設全体で改装を進めていた。今回、名称も変更し、施設を一新した。最大の特徴として、車に乗ったまま場内を回遊できるドライブパーク方式を採用した。展示棟数はこれまでの29棟から、新たにオープンする最新住宅26棟を含む30棟(25社)に変更。241台の駐車場も完備する。5月25日までオープニングキャンペーンを展開しており、期間中に6000組の来場を見込む。
 福岡地所は1961年7月設立。資本金は20億円。従業員は197人(07年5月末)。07年5月期の売上高は347億円。「hitマリナ通り住宅展示場」は、敷地面積約1万9800平方mで、今回の展示棟数30棟は九州でも最大級という。