NEWS

  • 地域

G‐VLANにより安価なFTTH方式のアクセスメニュー  QTNet    拠点の重要性に応じたネットワーク構築が可能に


 九州通信ネットワーク株式会社(略称QTNet、福岡市中央区天神1丁目、秋吉廣行社長)は7月1日、広域イーサネットサービス「G‐VLAN」において、従来のイーサネット方式のアクセス回線に加え、新たにより安価なFTTH方式を利用したアクセスメニューの提供を開始する。
 G‐VLANは、帯域保証型のVLAN(バーチャルLAN)サービスとして、複数拠点を結ぶ企業ネットワークをあたかも同じビル内にあるLANのように接続して使うことができる高信頼、高品質なデータ通信サービス。金融機関など高い信頼性を求められる業種に多く利用されている一方、「拠点の規模や重要度に応じてアクセス回線を選択したい、通信コストを抑えたい」という顧客ニーズに応えるため、より安価なベストエフォート(最善努力)型のFTTH方式のアクセスメニューを追加するもの。FTTH方式の提供で、本社やデータセンターなど重要な拠点は高品質なイーサネット方式を、小規模事業所などには安価なFTTH方式を」といった拠点の規模や重要性に応じたネットワーク構築が可能になる。
 また、特に重要な拠点などへは、QTNetのアクセス回線(イーサネット方式、FTTH方式「タイプ B」)とNTT西日本のアクセス回線(FTTH方式「タイプF」)を組み合わせ、異なる通信事業者のアクセス回線の冗長構成(キャリアダイバーシティー)を、QTNetが一元的に運用保守することで、より信頼性の高いネットワークの構築が可能になるという。