NEWS

  • 地域

FACoに博多織バッグを出展  鴛海織物工場    デザイナーとコラボレーション


 博多織製造、企画・運営の株式会社鴛海織物工場(福岡市東区水谷3丁目、鴛海伸夫社長)は、3月23日に開催されるファッションショー「福岡アジアコレクション(FACo)」に、福岡のデザイナーとコラボレーションして製作する博多織バッグの試作品を出展する。今後、本格的に商品化させ、9月から博多リバレイン1階の直営店「HAKATA JAPAN」で販売する計画。
 バッグのデザインは「台形」「円型」「ショルダー」「ボストン」の4種類で、それぞれ2色展開する。バッグの生地に博多織を施し、「博多献上」と呼ばれる博多織独自の柄を取り入れる。販売価格は5万円台に設定する予定。鴛海社長は「今回のファッションショー出展を機に、若い女性をターゲットに商品化を進めていきたい。高価格帯だが、自身のご褒美として購入していただければ」と話す。