NEWS

  • 地域

DIYなど全部門好調で増収増益  ナフコ    岡山など4店舗出店、経常2割増


 ホームセンターと家具のコンビネーションストアを中心に展開する株式会社ナフコ(北九州市小倉北区魚町2丁目、深町勝義社長)の10年3月期(09年4~6月)第1四半期決算は、売上高が561億1800万円で前年同期比7・9%増、経常利益が45億2800万円で同19・9%増の増収増益となった。
 期中、岡山県に2店舗、大阪府、福岡県に各1店舗を新規出店したことで売り上げが伸びたほか、既存店売上も前年同期比2%増と順調だった。商品別の売り上げは、主力の資材・DIY・園芸関係が好天に恵まれて同9・3%増の228億8800万円、生活用品が同8・9%増の158億5200万円、家具・ホームファッションが同2・9%増の114億1000万円、その他商品は同10・0%増の59億6600万円と全部門で前年同期を上回った。利益面では、増収に加えて値入改善を進めたことで売上総利益が前年同期比11・4%増の180億9200万円、営業利益は同21・3%増の45億200万円、四半期純利益は同166・8%増の22億7500万円と大幅に伸びた。
 第2四半期には、7月に出店した杷木店を含み2店舗の新店を予定。中間期は、売上高が前年同期比3・7%増の1070億5900万円、経常利益は同15・2%増の70億5000万円を見込んでいる。同社総務では「第2四半期スタートの7月は、雨が多く単月で前年売上を割った。8月は今のところ順調で、どこまで取り戻せるかという状況」と話している。通期では売上高2100億円(前期比3・1%増)、経常利益118億7600万円(同24・4%増)の増収増益を見込んでいる。