NEWS

  • 地域

9種類の新作博多織加工品を発売  サヌイ織物    扇面に博多織を使用した扇子など


 博多織加工販売の株式会社サヌイ織物(福岡市西区小戸3丁目、讃井勝彦社長)は10月7日、9種類の新作を発売した。
 これは、毎年1回新商品を発売する一環。同社が掲げる博多織の現代的アプローチで多くの人に長く親しまれる商品を目指し、和装にとらわれない商品を多数創作した。発売したのは、扇面や入れ物に博多織を使用した扇子セットや献上柄をあしらったコンパクトミラー、にわかの面をモチーフにしたポーチと名刺入れなど。特に駅や空港の土産物店で好評だという「にわかポーチ」は、もともとのオレンジ1色から今回ブルーやピンク、ブラック、グリーンの4色を追加し、テレビの特撮ヒーロー番組の「戦隊もの」をイメージしたという。10月7日~12日の新作発表会に間に合わなかった6点を来年追加投入する予定。讃井社長は「新作発表会には小川洋福岡県知事も訪れ、6日間で3038人が来場。新しい博多名物となるよう、今後も博多織を使った新商品を生み出していきたい」と話している。