NEWS

  • 地域

9月15日、長崎市浜町にビジネスホテル開業  F・J ホテルズ    フォルツァシリーズ3拠点目


 グランド ハイアット 福岡などを運営する株式会社エフ・ジェイ ホテルズ(福岡市博多区博多駅東2丁目、藤木辰正社長)は9月15日、長崎市浜町にビジネスホテルを開業する。
 場所は株式会社博多大丸(同市中央区天神1丁目、土井良平社長)が浜町アーケード内の博多大丸長崎店跡地に建設している11階建て複合商業施設「ハマクロス411」(同日オープン)の4~11階部分。名称は「ホテルフォルツァ長崎(仮称)」で、延べ床面積は約5100平方m、客室数はシングル(18平方m~)、ツイン(27平方m~)合わせて175室を予定。「フォルツァ」ブランドの3拠点目として、出張やレジャー、海外からの訪日観光客の需要を取り込む。
 フォルツァシリーズは「必要なものを必要なだけ贅沢に配した、くつろぎと眠りを追求するスマートホテル」をコンセプトに、独創的なデザイン・インテリアと機能性を兼ね備えた客室を特徴とするビジネスホテルとして、08年9月に「フォルツア大分」(大分市)、12年12月に「同博多」(福岡市博多区)を開業している。
 同社は1978年3月設立、資本金は9950万円、売上高118億円、従業員数は約600人。運営する主要施設はグランド・ハイアット・福岡、ハイアット・リージェンシー・福岡、ザ・レジデンシャルスイート・福岡、サンライフホテル2・3号館がある。