NEWS

  • 地域

9月に福岡テンジン大学を設立へ  福岡テンジン大学実行委員会    初年度1万人の登録目指す


 福岡テンジン大学実行委員会(福岡市中央区薬院1丁目、岩永真一代表)は、福岡市との共同事業として体験型学習やコミュニティーの創出などを目的とした福岡テンジン大学を9月23日に設立する。
 同大学は、校舎を持たずに街全体をキャンパスとして捉え、ホールや会議室、公園、カフェ、商業施設などでワークショップなどの授業を開催していくもの。すべての人が気軽に参加できるプロジェクトを目指しており、入学費や授業料などは無料。「学びの場」であるコミュニティーを創出しながら、人と人とのつながりが生まれる場所をつくっていく。現在は設立に向けた支援やワークスペース、先生候補の募集などに取り組んでいる。初年度の生徒登録数は1万人が目標。岩永代表は「福岡の街が好きになるプロジェクト。街全体で人を育てていくような環境をつくっていきたい」と話している。同委員会は現在スタッフ数6人で、2011年4月にNPO法人化を目指している。