NEWS

    9月に医療経営セミナー 福岡中央銀行


    コスト削減や働き方改革など提案

    ㈱福岡中央銀行(福岡市中央区大名2丁目、古村至朗頭取)は9月19日、同行本店大会議室で医療経営のセミナーを開催する。
    医療機関における経営やコスト削減、働き方改革などについて提案するもので、対象は福岡県内の医療機関関係者。第1部では㈱日本経営の木村圭太ヘルスケア事業部課長が「医療機関における最新のコスト削減対策」をテーマに、勘定科目別のコスト構造と改善活動に向けた取り組みやコスト削減の具体的事例などを紹介する。第2部では同社の太田昇蔵組織人事コンサルティング部次長が「経営者が考えるべき働き改革の視点」をテーマに、同一労働同一賃金への対応、業務プロセスの改善やRPA活用などの業務効率化について講演する。参加費は無料、定員は先着80人(1法人2人まで)。問合先は同行ビジネスサポート部まで。

    2019年7月30日発行