NEWS

  • 地域

9月からロングリムジンのレンタル事業  ティスコジャパン    福岡で初めて


 福岡市博多区青木の通訳通信業・株式会社ティスコジャパン(二宮徹社長)は、9月から福岡市でロングリムジンのレンタル事業を始める。
 米フォード社の「リンカーン」を改造した新型ロングストレッチリムジンを導入したもので、価格は改造費を含めて約2000万円。車体は全長8・6m、幅2・1mで、運転手を含む8人乗り。内装は革張りシートにバーカウンターを設置し、サンルーフはイルミネーションで装飾している。レンタル料は、1時間で3万~4万円に設定。結婚式の演出用などに貸し出す。リムジンのレンタルサービスは、東京などの大都市圏や沖縄などのリゾート地にはあるが、福岡では初めてという。二宮社長は「土日、祝日はブライダルが中心になるが、平日は法人需要を取り込みたい」と話している。なお、同リムジンは、普通自動車免許で運転できる。