NEWS

  • 地域

8月1日、西区に住宅型有料老人ホーム  ドリームシェア    内科、麻酔科、皮膚科を併設


 人材派遣・有料職業紹介事業などのドリームシェア株式会社(福岡市中央区赤坂1丁目、松田道雄社長)は8月1日、同市西区上山門2丁目に住宅型有料老人ホームをオープンする。
 グループ会社で手掛けている医療、介護、美容事業のノウハウを生かし介護施設事業に参入した。施設名は「医療機関付き住宅型有料老人ホーム ライフケアー上山門」。場所は下山門団地西交差点の西側。敷地面積は2516平方m。建築面積は780平方mの2階建てで、延床面積は1504平方m。個室は43室で、1室13平方m。
 関連会社の医療法人DSA(同市中央区天神2丁目、徳永孝道院長)が運営する内科、麻酔科、皮膚科のクリニックを併設するほか、ドリームシェアサポート株式会社(同区赤坂1丁目、松田社長)が訪問介護サービスを、ドリームシェアが運営する美容室が訪問理美容サービスを提供する。月額の賃料は5万5000円。スタッフは18人。屋根には太陽光発電パネルを設置している。同施設は6月末に完成し、7月中旬から内覧会を開き入居者の募集をしているという。
 松田社長は「施設の運営だけなく、グループで医療、介護、理美容サービスを総合的に提供することで、入居費用を抑えることができた。同規格の施設を複数展開していきたい」と話している。