NEWS

  • 地域

8月に北九州版の育児情報誌を発行  リトル・ママ    北九州まちづくり応援団がFCで


 育児情報誌出版の株式会社リトル・ママ(福岡市中央区警固2丁目、森光太郎社長)は8月20日、福岡都市圏で発行する育児情報フリーペーパーの北九州版を創刊する。
 媒体名は「リトル・ママ 北九州版」。北九州地区での市場拡大を見込む。今回、発行業務を手掛けるのは第三セクターで市街地の活性化を図る北九州まちづくり応援団株式会社(北九州市小倉北区紺屋町、伊藤健二社長)で、初のFC業態での出版となる。仕様はB4オールカラー(タブロイド版)で、0歳から就学前までの子どもを持つ母親向けに幼稚園や保育園の取材記事、医者のコラムなどを掲載する。毎月1回(15日前後)5万部を発行し、北九州市、中間市、直方市などの10市町の幼稚園や保育園、病院などで配布する。森社長は「本社と離れた場所での発刊となるが、情報収集のノウハウを培いたい」と話している。
 同社は2001年12月設立、資本金3000万円、従業員16人。14年5月期の売上高は1億3900万円(見込み)。森社長は1972年9月13日生まれの41歳。福岡市早良区出身、日本大学生産工学部卒、趣味はヨガ。