NEWS

  • 地域

7月から少人数制の経営塾をスタート  アイ・ビー・ビー    23日には記念フォーラム開催


 ベンチャーサポートの株式会社アイ・ビー・ビー(福岡市中央区天神2丁目、廣田稔社長)は7月から、経営者向けビジネススクールを開講する。
 名称は「ibb Biz Camp」で、7月に同市東区の志賀島で行う合宿を皮切りに、来年5月までの1クールの間に月1回、ibb fukuokaビル6階会議室(同市中央区天神2丁目)で実施する。定員は10人程度の少人数制とし、経営に必要な知識や会社の成長に関する内容を、座学だけでなくディスカッションを取り入れた実践的な講座でレクチャーする。同社ではこれまで、IPOを目指す経営者向けの「ibb社長塾」や起業したばかりの人に向けて「ibb起業家支援セミナー」や「ibbなでしこ塾」を実施。廣田社長は「今回は起業して数年経ち、さらなる成長やIPOを視野に入れた強い経営を目標とする経営者にぜひ来てほしい」と話している。
 また4月23日にはスクール開講を記念し、アクロス福岡で大野尚ビッグ・フィールド・マネージメント株式会社社長(元株式会社エイチ・アイ・エス取締役)を招いたフォーラムを開催する。
 同社は2009年7月設立、資本金500万円、従業員2人。