NEWS

  • 地域

6階建ての新校舎が完成  立花高校    延床面積は5200平方m


 学校法人立花学園が運営する立花高校(福岡市東区和白丘2丁目、齋藤眞人校長)が同所に建設していた新校舎がこのほど完成した。
 旧校舎の老朽化に伴うもの。新校舎は旧校舎を解体し、隣接する雑木林を造成して建設。6階建てで敷地面積は1万6000平方m、校舎の延べ床面積は5200平方m、体育館は1200平方m。校舎入口には同校卒業生の就労を支援するNPO法人パイルアップ運営の食堂を設け、生徒とともに地域住民の利用も可能にしている。
 齋藤校長は「建物が変わっても学校の雰囲気が変わってはいけない。生徒が職員室に訪れやすい動線など、生徒の目線に立った校舎になっている」と話している。
 同校は1957年創立、不登校や引きこもりなどの生徒の自立を支援することを理念とした全日制・単位制の普通科高校。生徒数523人。