NEWS

  • 地域

6月28日付で東証マザーズに上場  ベガコーポレーション    初値2000円


 インテリア家具を中心としたEコマース事業を展開する株式会社ベガコーポレーション(福岡市博多区祇園町、浮城智和社長)は6月28日付で東証マザーズに上場した。
 知名度向上とシステム開発における資金調達、人材確保が狙いで上場により6億352万円を調達。初値は公募価格1600円を上回る2000円、終値は2500円だった。同社が展開する商品は約1000アイテム。9割がPB商品で、自社で企画開発を手掛け、海外の提携工場で生産している。前期売上高は前期比32・8%増の83億4000万円、経常利益は5億9000万円。今期売上高は同17・6%増の98億600万円を見込んでいる。主幹事は野村證券。引受証券会社は野村證券、大和証券、SBI証券、みずほ証券、いちよし証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、東洋証券、丸三証券。浮城社長は「上場前にEU離脱問題が起こり、日経平均株価が荒れ不透明な状況だったが、公募価格を上回り有難い気持ち。上場への利点を大いに生かして規模拡大を図りたい」と話している。
 同社は2004年7月創業、資本金5億6232万円。従業員139人(2016年5月期)。浮城社長は北九州市出身、1976年11月25日生まれの39歳、九州国際大学経済学部卒、趣味はゴルフ。