NEWS

  • 地域

6月期決算予想を上方修正  福山コンサルタント    経常益は前期比40・8%増の5億円に


 交通・都市などの調査・計画・設計コンサルタントの株式会社福山コンサルタント(福岡市博多区博多駅東3丁目、福島宏治社長)は、2016年6月期業績予想で売上高を前回予想の63億円から64億5000万円(前期比6・7%増)に、経常利益は3億6000万円から5億円(同40・8%増)に上方修正した。
 売上面は、道路交通センサス業務や老朽化対策、鉄道関連業務、CM(コンストラクションマネジメント)関連業務などの受注増加で、前回予想を1億5000万円上回る見込み。利益面も売上高の増加と採算性の改善で1億4000万円上回る見込みとなった。営業利益は3億6000万円から5億円(前期比40・1%増)、当期純利益は1億7000万円から2億6000万円(同2・8%増)になる見通し。
 同社は1949年創業、63年11月設立。資本金5億8912万5000円。2015年6月期連結売上高は60億4700万円。従業員238人(15年6月)。