NEWS

  • 地域

5月、自社ブランドの洋菓子販売で新規事業参入  CAVALLO    商品名は「すいとうほへと」


 福岡市内で飲食店経営の株式会社CAVALLO(福岡市中央区薬院2丁目、杉山英治社長)は5月1日、新規事業として洋菓子販売を開始した。
 新ブランド「RIKUBA」を立ち上げ、スイーツ事業に参入した。今回発売したのは、安納芋と紅はるかを練り合わせたスイートポテトで、商品名は「すいとうほへと」。男性が大切な女性や家族にお持ちする手土産、お持たせ用としてワインやウィスキーに合うように開発したもの。価格は3000円(6個入り)で、男性のみ購入可能。販売は同社が運営するBAR六馬とBAR CAVALLOの店内のみ。杉山社長は「それぞれのパッケージに和歌を取り入れるなど工夫し、贈る男性や受け取る女性にも喜んでいただけるようなものにした。将来はインターネットでの販売も視野に入れている」と話している。