NEWS

  • 地域

4~9月は減収減益  福岡中央銀行    資金運用収益、その他業務収益減少


 株式会社福岡中央銀行(福岡市中央区大名2丁目、末松修頭取)の2009年3月期の中間(09年4~9月)決算は、一般企業の売上高にあたる経常収益が53億7200万円で前年同期比5・7%減、経常利益が1億3900万円で同64・8%減の減収減益だった。
 資金運用収益や有価証券評価損等のその他業務収益の減少などから減収となった。経常費用は資金調達費用や役務取引費用の減少等で微減だったものの大幅減収の影響から経常利益は大幅減(2億5600万円減)だった。通期では、経常収益が106億円(同7・1%減)、経常利益4億円(同19・7%増)の減収増益を見込んでいる。
 住宅ローン休日相談受付を開始
 また同行は、11月1日から本店アトリウム内住宅ローン相談コーナーで住宅の新築、購入、借換などを検討している人を対象に「住宅ローン休日相談受付」を始めた。
 休日の相談窓口開設で顧客の利便性向上を図るもので、営業日および営業時間は毎月第1・第3日曜日、午前9時から午後5時まで。事前予約制。最近の急激な景気後退や雇用悪化などにより住宅ローンの返済に影響を受け、返済の見直しを検討している人の返済条件の変更などの相談も受け付ける。また同行と取り引きのない人も利用できる。