NEWS

  • 地域

3D映像の撮影設備を導入  フラワービデオ    式場見学会などでPR


 催事ビデオなどを制作する株式会社フラワービデオ(福岡市中央区警固、田崎信雄社長)は、10月までに3D映像を撮影するビデオカメラなど3D対応設備を導入する。
 映像市場における3D対応機器のシェア拡大と、同規格での制作ニーズの高まりを見込んでの導入。3D特有の遠近感や立体感により、よりリアルな映像を制作できるという。提携している式場の見学会などで視聴コーナーを設けPRしていく計画。田崎社長は「ブライダルビデオなどの制作会社で3D対応設備を導入するのは、全国的にも珍しく、地場業界ではおそらく当社が初めて。3D専用の撮影ノウハウを構築し、当社の強みにしたい」と話している。